HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

ノイキャンで世界観に没頭![Sponsored by Audio-Technica]

声優・山下大輝さんに“推しの声に集中できる”オーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホンを体験してもらった

編集部:押野 由宇

前のページ 1 2 3 次のページ

2020年05月27日
いま、どんな「完全ワイヤレスイヤホン」が欲しいですか? 「音が良いこと」「デザインが良いこと」などは当たり前の条件、「ノイズキャンセリング機能」や「使いやすさ」も重要ですよね。そんな要望を “全部乗せ” したモデル、オーディオテクニカ「ATH-ANC300TW」が登場しました。

オーディオテクニカ「ATH-ANC300TW」

このATH-ANC300TW、トレンドの機能を全部備えているので、「これから完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたい」という方、「もう少し上のモデルが欲しかった」という方にオススメ。そして何より、高いノイズキャンセリング性能により「推しの声を誰にも邪魔されずに楽しめる」のがポイントです。

そこで今回、いま推したい声の持ち主にして、初めて完全ワイヤレスイヤホンを使うという、この方にお越しいただきました。山下大輝さんです。


山下大輝 〜Profile〜 アーツビジョン所属の男性声優。『僕のヒーローアカデミア』(緑谷出久役)、『ポケットモンスター』(ゴウ役)、『弱虫ペダル』(小野田坂道役)など多数の作品で主演。ツキノ芸能プロダクション(桜庭涼太役)や『うたの☆プリンスさまっ♪』(天草シオン役)、『あんさんぶるスターズ!』(朔間凛月役)、『アイドルマスター SideM』(猫柳キリオ役)など、様々なキャラクターソングを歌い分ける歌唱力にも定評がある。


山下さんの完全ワイヤレスイヤホンへの不安、全部解消

−− ファイルウェブのオーディオテクニカの記事では、以前に梅原裕一郎さんにご出演いただきました。今回またイケボつながりで山下さんにお願いしたい、という私たってのお願いにお応えくださりありがとうございます! ちなみに山下さんは、オーディオテクニカブランドのことはご存知でしたか?

山下大輝さん(以下、山下さん) もちろんです! イヤホン、ヘッドホンと言われると、まず浮かぶメーカーさんの1つですよ! 家電量販店などでも販売スペースが大きいので、プッシュされていることがわかりますし、日常生活のなかで自然にブランドの情報が入ってきますね。

−− メーカーの人ではありませんが、ありがとうございます! 今のお話を聞くと、お店でイヤホンコーナーを覗かれたりするのかなと思いますが、山下さんは普段、どんな環境で音楽を聴かれていますか?

山下さん 移動中にずっと、ネックバンド型のBluetoothイヤホンを使って音楽を聴いて過ごしています。最近のアーティストさんの曲や、ゲームのサントラだったり、ミュージカルが好きなのでスタジオで録音されたものとライブ音源を聴き比べたり、 “夜眠るための音楽” のようなヒーリング系なんかも、ジャンルにこだわらず雑食に聴いていますね。

ただ、イヤホンはそんなにこだわって選んではないんです。というのも、けっこう現場に置いてきちゃったりすることがあって(笑)。それが怖いので、「音質もまぁまぁで、無くしてもギリ、ショックに耐えられるレベル」のものを使っています。

−− 無くしてショック、イヤホンあるあるですからね。聞くところによると山下さんは完全ワイヤレスイヤホンをお使いになったことはないということですが、それもそういった理由から?

山下さん そうなんですよ。完全ワイヤレスイヤホンに興味はありましたけど、動いたりしたときにポロっと落ちちゃうんじゃないかって。ただ、今回のモデルを着けてみたら「めっちゃフィットするじゃん!」ってビックリしました(笑)。これは落ちないな、という安心感がありますね。

製品の同梱物一式。イヤーピースはS/M/Lに加えXSサイズ、さらに低反発素材でフィット感の高いComply製も用意。耳の小さな方にもしっかりハマり、これが落ちない安心感につながる

−− ATH-ANC300TWは着けるだけで周りの音がほとんど聞こえなくなりますが、これはそのフィット感のおかげです。耳にピッタリとハマるから、落ちる心配がなく、音漏れもせず、かつ遮音性も高いわけですね。さらに「ノイズキャンセリング機能」を使うと、もっと外音を遮断できます。

山下さん ノイズキャンセリングの効きはすごいですね! 音楽を流していない状態でも人の話し声がほとんど聴こえなくなって、「なにか喋っているんだろうな」ということしか分からなくなる。大きな声を出してもらってようやく聞こえるレベルで、音楽を流すとまったく聞こえなくなります。


−− 本体に搭載した2つのマイクで周りのノイズを拾って、音質に影響を与えないようにしながら、完全ワイヤレスイヤホンのなかでもトップクラスのノイズキャンセリング機能を実現しているんです。ノイズキャンセリングは効き具合をアプリで調整できるので、好みに応じて設定も可能ですよ。そして、このマイクによって、周りの音を取り込む「クイックヒアスルー機能」も同時に実現しています。

アプリを利用してノイズキャンセリングのモード選択や、ヒアスルー機能の効き具合が調整できる

山下さん この音を取り込む機能は、本当にかゆいところに手が届く機能ですね。コンビニで水だけを買ったりするとき、イヤホンを外すのが面倒だったりしますし、完全ワイヤレスイヤホンだと “とりあえず首にかけておく” ということができないじゃないですか。でも着けたままだと、「ポイントカード持ってますか?」と聞かれて「えっ? レシートはいらないです」みたいになっちゃう(笑)。周りの音をキャンセルすることも、拾うこともできるのはすごく便利ですね。僕がこれまで完全ワイヤレスイヤホンで不安に思っていたところが、全部解消されている。これ、めっちゃ欲しいです!


−− イヤホンの上部分にボタンがついていて、その左側のボタンをワンプッシュすると機能をオン/オフできるので、電車のアナウンスを聞きたいときなど、使いたいときにすぐ使えるようになっているのも便利ポイントです。デザインの面ではいかがでしょうか?

山下さん ファッションを邪魔しないシンプルさが良いですよね。丸みがあって可愛らしいですし、主張しすぎず、でもイヤホンだと分かるような、男性にも女性にも合うデザインだと思います。

充電ケースも持ち運びがしやすい丸みを帯びたコンパクトデザイン

−− こういったモデルを着けている女性はいかがでしょう?

山下さん 良いと思います! ファッションだけじゃなく、音質にもこだわりがあって、曲を真剣に聴いているんだろうな、とダブルで良い印象を受けますね。どんな曲を聴いているんだろう、と気になります(笑)。あとは、こう着けるんだよ、というのが分かりやすいです。尖ったデザインだと正しい着け方が分からないですが、これは迷わず自然に着けることができました。

−− 正しい着け方ができるかどうかは、音や遮音性にも影響がありますから、そこも重要なポイントですね。

「あー、こんなところまで聴こえちゃうんだね」

−− それではいよいよ、実際に音楽を聴いてみてのご感想をお願いします。

山下さん 僕は音楽を聴くときは没頭して、その世界観の一部になりたいんです。例えばゲームのサントラだったら、曲が流れている場面の情景が浮かんで、その一部になるくらい溶け込みたい。このモデルだと周りがうるさくても一切気にならず、目を閉じるとそこが劇場、ライブ会場に感じられるような没入感が得られました。


−− それはまさに、ノイズキャンセリング機能と、それを活かした音質のおかげですね!

曲から勇気やパワーをもらえる

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事