HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

オーディオ専門店連続インタビュー(2)

デノン「SX1 LIMITED」が選ばれる理由とは? 日本各地の専門店スタッフにインタビュー

ファイルウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2019年12月28日
デノンから今年発売された、SACDプレーヤー/プリメインアンプの新たなフラグシップモデル“SX1 LIMITEDシリーズ”。ブランドの現サウンドマネージャーである山内慎一氏が、従来モデルの“SX1シリーズ”を元に、最新クロックや新規カスタムパーツを多く採用するなど内部構造を吟味。約4年をかけて、「Vivid & Spacious」というコンセプトにふさわしい音を追求した、渾身の製品に仕上がっている。

今回PHILE WEBでは“SX1 LIMITEDシリーズ”を取り扱うオーディオ専門店にインタビューを実施。様々なブランドを取り扱う販売店やそこを訪れるオーディオファンの目に、新時代のフラグシップモデルがどう映っているのか、前回に続き、今回は4店舗の声をお届けする。


オーディオユニオン お茶の水店
坂本さん


東京・お茶の水の「オーディオユニオン お茶の水店」

―― 坂本さんご自身は、“SX1 LIMITEDシリーズ”の音を聴かれてどのような印象をお持ちになりましたか?

坂本さん:サウンドマネージャーの山内さん個人がどのような音を出したいと考えているのか、はっきりと明確に伝わってきました。掲げられている「Vivid & Spacious」というコンセプト通りの音が味わえると思います。

同じ価格帯の他社製品と比較すると、音の明瞭さ、押し出しやインパクトの強さが特徴的です。スピーカーをグイグイと引っ張っていくようにドライブしてくれます。例えばクラシックのコンサート音源を再生したときには、演奏からまるで押し寄せてくるような迫力を感じますね。

オーケストラの隅から隅まで端正に描写できるプレーヤー/アンプはもちろん素晴らしいですが、演奏会場の熱気、臨場感まで伝わってくるような“SX1 LIMITEDシリーズ”の音にもまた違った魅力があります。これから聴かれる方々には、ぜひ試聴曲にクラシック音楽も入れていただいて、迫力や熱量を確かめていただきたいところです。


―― その他に、内部の構造などハードウェアの面で気になる点はありますか。

坂本さん:今回“SX1 LIMITEDシリーズ”では、“SX1シリーズ”から400か所以上のパーツが入れ替えられているそうですね。オーディオ製品において、音質向上の基本はまず物量投入、とはよく言われるところですが、“SX1 LIMITEDシリーズ”で投入されたカスタムコンデンサーの多種多様さ、その適用範囲を見ると「ただの物量では物足りない」という山内さんの意気込みが想像できるようでした。

また、直接音質とは関係ないのですが、“SX1 LIMITEDシリーズ”のフロントパネルは従来より少しグレーがかり、今までのモデルより引き締まって見えるところも良いですね。“SX1シリーズ”と形状はほぼ変わらないのですが、並べると特に目立ちます。

―― 来店されるお客様からはどのような反応がありましたか。

坂本さん:当店でも何名かの方々が“SX1 LIMITEDシリーズ”を購入されていますが、その中で最も多いのは、もともと購入するつもりで来店される指名買いの方、デノンファンの方ですね。試聴されると「思ったとおり、やっぱりいい音だ」という感想を頂きます。

「Vivid & Spacious」という、新時代を見据えたコンセプトに沿って作られた“SX1 LIMITEDシリーズ”ですが、デノンファンから引き続き支持されているということは、デノンの伝統的なサウンドが引き続き根底に流れている、という証明ではないでしょうか。

デノンファンの方を除くと、次に多いのはアナログオーディオの音がお好きな方ですね。おそらく、SACD/CDなどデジタルオーディオに親しみつつも、その中にアナログっぽさ、いうなれば「Hi-Fiなアナログ感」を求めているような方が、DCD-SX1 LIMITEDを選ばれています。

同店1階では、数多くのブランドの比較試聴ができる

―― 従来のデノン製品から買い換えられる方は、かなりの数いらっしゃるのでしょうか。

坂本さん:ベースモデルの“SX1シリーズ”のユーザーさんよりは、それより以前、発売から10年以上が経過している“SA1シリーズ”や“SXシリーズ”から買い換えようという方が多いと感じています。充実した物量が特徴的という点で“SXシリーズ”と“SX1 LIMITEDシリーズ”の立ち位置は近いようにも思いますね。

―― 最後に、今後のデノンブランドに期待していること、予想などがあればお聞かせ下さい。

坂本さん:デノンはエントリークラス、アナログなどオーディオの幅広い分野を安定した品質でカバーしてくれていますが、同じようにハイエンドの製品もすごく良いということを、もっと多くの方に知ってもらいたいですね。

―― ありがとうございました。

【取材にご協力いただいたお店】
オーディオユニオン お茶の水店
〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台2-2-1 1F
 JR「御茶ノ水駅」より徒歩約1分
営業時間:11:00〜20:00(日・祝日は19:00まで)
店舗情報はこちら


シマムセン
浜岸さん


大阪・日本橋の「シマムセン」

―― “SX1 LIMITEDシリーズ”の音を聴かれて、どのような印象を持たれましたでしょうか。

浜岸さん:サウンドマネージャー山内さんによれば、今回のコンセプトは「Vivid & Spacious」ということですが、そのコンセプトに則った結果、より「現代的な音」に仕上がったな、という印象を受けました。

ベースとなった“SX1シリーズ”は、オーソドックスな「デノンブランドの音」を受け継いだモデルでした。つまり、低音がやや膨らんでいて、ふくよかさがあり、優しさ/ナイーブさが感じられる。この特徴をお客様に説明するとき、私は「肝っ玉母さん的なサウンド」なんて例え方をすることもあります。


―― 安定感、安心感のある音が、ブランドとしての魅力になっているということですね。

浜岸さん:それに対して“SX1 LIMITEDシリーズ”では、スピード感、音の伸びやかさ、ダイナミックレンジの幅といった要素が大きく向上して、音に広々とした、ワイドさが感じられるようになりました。そこが「現代的な音」という理由です。加えて、全体的な品位も向上しているように思います。ベースモデルの"SX1シリーズ”から価格帯は20万円前後上がりましたが、この音を聴けば決して高いとは思えないですね。

音の傾向は、SACDプレーヤーの「DCD-SX1 LIMITED」、プリメインアンプの「PMA-SX1 LIMITED」どちらにもある程度共通していますが、ワイドさについてはプレーヤーのDCD-SX1 LIMITEDに色濃く出ているように思います。

―― お客様からの反響はいかがでしょうか

浜岸さん:当店では試聴会も開催しましたが、反響は大きかったです。主にプリメインアンプのPMA-SX1 LIMITEDに注目が集まっていましたが、DCD-SX1 LIMITEDの魅力もじっくりと伝えていきたいところです。

同店3階に各ブランドの高級機が集められている

―― 最後に、今後のデノンについて、希望されること、期待されていることはありますか?

浜岸さん:お話したとおり、従来モデルから価格帯が上がった“SX1 LIMITEDシリーズ”ですが、その音から判断すれば十分納得がいくプライスです。ただ、その従来モデルの価格帯があいてしまったのも事実なので、そこを埋める製品が続いてほしいですね。

―― ありがとうございました。


【取材にご協力いただいたお店】
シマムセン
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4-8-11
営業時間:10:30〜19:00(木曜定休)
店舗情報はこちら

北海道・キャビン大阪屋/静岡・Tsubaki Audioにもインタビュー

前のページ 1 2 次のページ

関連記事