HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

同社初のUSB-DAC/ヘッドホンアンプの全貌に迫る

マランツ澤田氏に訊く、ヘッドホンアンプ「HD-DAC1」で実現したHi-Fiアンプの理想形とは?

構成:ファイル・ウェブ編集部 小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2014年10月02日
マランツ初となる単体USB-DAC/ヘッドホンアンプである「HD-DAC1」(マランツ特設ページ)。本機にはNA-11S1以降のマランツのUSBオーディオ技術が結集されたことに加え、革新的なヘッドホンアンプを搭載したことにも注目が集まっている。そのサウンドの核心について、マランツのサウンドマネージャーである澤田龍一氏にお話を伺った。

ディーアンドエムホールディングス Marantzサウンドマネージャー 澤田龍一氏

【INDEX】
1. アンプの理想は「電圧増幅」と「スピーカー駆動」の分業
2. 0dBゲイン無帰還型バッファーアンプという完成形
3. HD-DAC1が目指したのは「素顔の魅力」を引き出すサウンド
4. バランス駆動端子はあえて非搭載。だからこそ実現した駆動力
5. NA8005を超えた!? マランツの技術を結集したUSB-DAC
6. DSD対応DACデバイスの創世記に音決めに関わった資産
7. ゲイン切り替えで音の表情を変えて楽しむ

■マランツ音質マネージャー澤田氏にHD-DAC1のサウンドの核心を伺う

USB-DAC/ヘッドホンアンプ「HD-DAC1」は、発表会レポートでもお伝えしたとおり、マランツにおけるピュアオーディオアンプの理想を、ヘッドホンアンプで体現した野心的なコンポーネントだ。HD-DAC1に込められた開発者の意図をさらに理解するべく、編集部は川崎のディーアンドエムホールディングスにあるマランツの開発試聴室、通称“澤田ルーム”のドアを叩いた。

“澤田ルーム”で最後の追い込みが行われていたHD-DAC1

マランツのHi-Fiアンプの理想をHD-DAC1は体現した
■アンプの理想は「電圧増幅」と「スピーカー駆動」の完全分業

インタビュー冒頭、「HD-DAC1を開発するにあたって、当初から念頭に置いたことがあります」と澤田氏は切り出した。「ただの単体ヘッドホンアンプを作るのではなく、マランツがHi-Fiコンポーネントとしてのアンプに抱いてきた理想を、このヘッドホンアンプで具現化してしまおうと思ったのです」。「ではアンプの役割とは一体何でしょうか」と続いて澤田氏は問いかける。それは、スピーカーをドライブするのに必要な「電圧増幅」を行うこと。「“歪みのない正確な増幅”ということが重要です」と澤田氏は付け加える。

しかし、ただ増幅するだけがアンプの仕事ではない。「アンプが相手にするのは単なる8Ω抵抗ではなく、スピーカーという変動する負荷なのです。このやっかいな相手を、相手の変動にもめげることなく“ドライブする”ということ。これがアンプの2つめの役割です」と澤田氏。アンプは「電圧増幅」と「負荷をドライブする」という2つの役割を持っているのだ。

「近年の高性能スピーカーは、広帯域で、かつダイナミックレンジが広くなったのは素晴らしいのですが、“アンプの負荷”として考えると手強いやつが多いのです。インピーダンスが低いとか、逆起電力が大きいとかですね。ネットワークの負荷による位相回転が大きいことも問題です」(澤田氏)。

■アンプ後段をゲイン0dBとすることはオーディオアンプの理想である

そこでマランツは、「電圧増幅」と「スピーカーのドライブ」を1つのアンプで行うのではなく、個別のアンプに作業を分ける手法をとった。近年の同社の上位アンプは、「電圧増幅」部分と「スピーカーをドライブする」部分の2つのパートで構成されている。

こちらはHD-DAC1の発表会で公開された資料。一番下がHD-DAC1の構成で、後段はゲインを持っていない

「例えば現行モデル『PM-11S3』のパワーアンプ部は、前段(電圧増幅段)で14dB、後段(スピーカーをドライブする段)で13dBのゲインを稼いでいます。トータルすれば27dBのゲインです。増幅はできるだけ前段で行い、後段はなるべくスピーカードライブに専念するようにしています」(澤田氏)。

理想は前段で必要なゲインを全て稼ぎ、後段は「ゲイン0dB」でスピーカーの駆動に徹すること、とは澤田氏の言葉。しかし、これをスピーカー用アンプで実現するには、非常に大規模なシステムにならざるを得えない。そこで、合理的かつ現実的なコストに落とし込むためには、アンプの前段と後段にゲインを適度に振り分けることになる。例えばモノラル・パワーアンプ「MA-9S2」(生産終了モデル)の場合、前段が23dB、後段は6dB。ハイエンドモデルだからこそ、後段をできるだけスピーカーをドライブすることに専念させる構成にできたのだ。

ヘッドホンアンプだからこそ実現したアンプの理想

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ