最大出力235Wの9chアンプ搭載

マランツ、ドルビーアトモス対応の一体型AVアンプ最上位機「SR7009」

ファイル・ウェブ編集部
2014年09月12日
マランツは、ドルビーアトモスに対応した9chアンプ搭載AVアンプ「SR7009」を10月中旬に発売する。価格は230,000円(税抜)。

「SR7009」

最大出力235W(6Ω)の9chフルディスクリート・パワーアンプを搭載。4Ωのスピーカーとの接続にも対応している。

ドルビーアトモスに対応したことが最大の特徴。一体型AVアンプとしては最上位モデルとなる。9chパワーアンプを活用し、5.1.4chや7.1.2chなど、多彩なスピーカーアレンジを行うことが可能だ。

スピーカー位置の設定を行っているところ

ドルビーアトモス再生を行っている際の表示

プリアンプ段には、マランツがハイファイ機器などで用いている電流帰還型増幅回路を投入。また、同ブランドオリジナルのディスクリート高速アンプモジュール「HDAM」も搭載しており、ワイドレンジで低歪化し、スピードを速めている。

プリアンプ部では11.2chプロセッシングが行え、13.2chプリアウトに対応している。

音場補正はAudyssey MultEQ XT32で、ほかにAudyssey DSXなども利用できる。

Wi-FiやBluetoothも新たに内蔵。スマートフォンやタブレットなどと容易に接続することができる。

HDMI端子は8入力/3出力で、4K/60p 4:4:4のパススルーに対応している。プロジェクターとテレビへの同時出力に加え、HDMIビデオのマルチルーム配信も可能だ。

HDMI端子は8入力/3出力

同梱のリモコン

またネットワーク機能では、新たにDSD/AIFFファイルの再生に対応した。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドMARANTZ
  • 型番SR7009
  • 発売日2014年10月中旬
  • 価格¥230,000(税抜)
【SPEC】●最大出力:235W(6Ω) ●HDMI端子:8入力/3出力 ●定格出力:フロント/サラウンド/サラウンドバック…125W+125W、センター…125W ●対応インピーダンス:4〜16Ω ●周波数特性:10〜100kHz(+1,-3dB、ダイレクトモード時) ●映像入力端子:コンポーネント×3、コンポジット×4 ●映像出力端子:コンポーネント×1、コンポジット×2 ●音声入力端子:アナログ×6、Phono入力×1、7.1ch入力×1、光デジタル×2、同軸デジタル×2 ●音声出力端子:13.2chプリアウト×1、ゾーンプリアウト×2、ヘッドホン×1 ●その他端子:LAN×1、USB×1 他 ●Bluetoothバージョン:ver.2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP 1.2,AVRCP 1.4 ●対応コーデック:SBC,AAC ●消費電力:710W ●外形寸法:440W×185H×401Dmm(ロッドアンテナ含まず) ●質量:13.8kg

関連記事