防音工事会社アコースティックラボ蔵前ショールームにて

“音質が向上する防音”のポイントを体験できる試聴会、今週末4月22日に開催

編集部:小野佳希
2017年04月20日
アコースティックラボは、「防音工事をすると音がよくなる!」と銘打ち、オーディオルームの音質向上についてのノウハウを体験できる試聴会「第40回Acoustic Audio Forum」を4月22日(土)に開催する。時間は15時〜17時で、会場は同社蔵前ショールーム。参加はもちろん無料で、公式サイトから申し込みを受け付けている。


イベントのテーマは「防音工事をすると音がよくなる!(その2)〜戸建住宅にオーディオルームを作るには〜」。現代における、高気密・高断熱な省エネ住宅の断面構造から、戸建て住宅の音の響きの質について考えるという。

同社では、現代住宅には「面材が軽くて薄いので振動しやすい」「“中空2重構造”となっており、音が抜けやすく、かつ低音を吸音する」という2点の特徴があると説明。

その結果として、「高級な機器を揃えても低音が物足りない」「そもそも音漏れが気になって気兼ねなく楽しめない」「少し音を大きくすると、途端にうるさく感じてしまう」といった不満に繋がる傾向にあるようだとする。

そこで今回のイベントでは、オーディオルームで今よりも豊かなオーディオライフを得るためには、どのようにするべきか、どのような工事が必要なのかを考えるとのこと。特に床構造の重要性とインナーサッシの音響性能限界に焦点をあて、実際の施工例をまじえながら解説する予定だとしている。

<イベント情報>

日時:4月22日(土)15時〜17時
会場:同社蔵前ショールーム(JR浅草橋駅より徒歩)

詳細情報案内ページ
http://acaudio.jp/2159/

参加申し込みメールフォーム
http://acaudio.jp/?p=2168

【問い合わせ先】
アコースティックラボ
TEL/03-5829-6035
MAIL/kusakai@acoustic-designsys.com

関連記事