素材や構造を一新

パイオニア、“カロッツェリア スピーカー”のハイエンドモデル3機種

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月29日
パイオニア(株)は、“カロッツェリア”シリーズのカーオーディオ用スピーカー“RSシリーズ”の新製品を11月上旬より発売する。

RSシリーズは「カロッツェリア スピーカー」のハイエンドモデル。新モデル3機種は、ヤング率が高く適度な内部損失特性を持つクロスカーボン振動版や、高精度切削パーツを使用した磁気回路、亜鉛素材ダイキャストフレームを採用するなど、素材や構造を一新し、高音質化を実現している。

17cm セパレート2ウェイスピーカー
■TS-Z1000RS ¥294,000/4個1組(税込)


TS-Z1000RS
トゥイーター部には、表面改質処理の後にDLC(Diamond Like Carbon)処理を施したチタン製の3cmデュアルアークリングダイアフラムを採用。筐体部と振動版を支えるホルダー部には亜鉛ダイキャストフレームを使い、耐共振性を高めている。磁気回路にはネオジウムマグネットと高精度切削パーツを使用した外磁型のものを使用し、トランジェント特性を向上させたという。また、真鍮削り出しイコライザーを採用することで、高域再生時の不要振動を排除するほか、漏洩電磁波を低減し優れた指向特性を実現しているとのことだ。

ウーファー部は、ヤング率が高く、適度な内部損失特性を持つクロスカーボンを振動板に採用し、センターキャップとの一体型二層構造にすることで、高剛性とトランジェント特性の向上を実現。こちらも体部と振動版を支えるホルダー部と、グリルフレームにも亜鉛ダイキャストフレームを採用した。磁気回路はネオジウムマグネット使用の外磁型。OFC平角線を使用したロングプレート・ショートボイスコイルやOFCショートリングにより広帯域再生を実現するという。

クロスオーバーネットワーク部には、ウーファー用に音響用チョークコイルと音響用コンデンサーを採用することで、伝送ロスを排除。トゥイーター用に大型フィルムコンデンサーを採用し、低歪でクリアな高域再生を実現するという。厚み70ミクロンの銅箔を採用し、電流容量の拡大と低インピーダンス化も図っている。また、バイアンプ接続にも対応している。

6.6cm ミッドレンジ
■TS-S1000RS ¥126,000/2個1組(税込)


TS-S1000RS
ヤング率が高く、適度な内部損失特性を持つクロスカーボンを振動板に採用し、センターキャップとの一体型二層構造にすることで、高剛性とトランジェント特性の向上を実現。振動板の低共振化や、タンジェンシャルエッジの採用により、フラット特性を高め、原音に忠実な再生が可能だという。

フレームやバックカバーなどの筐体部に高剛性・低共振の亜鉛素材を採用し、耐共振性を向上。さらに、筐体内のキャビネット容積を最適化することで、ミッドレンジユニットとして理想的な中域再生を実現する。

磁気回路はネオジムマグネットと高精度切削パーツを使用した外磁型を採用。振動板を保護し、不要振動を排除する専用設計の亜鉛ダイキャスト製グリルフレームを付属している。

25cm サブウーファー
■TS-W1000RS ¥126,000/1個(税込)
 

TS-W1000RS
こちらも振動版にはクロスカーボンを採用。センターキャップとの一体型三層構造としている。振動板形状の低共振化やコルゲーションエッジの採用なども行っている。

筐体部とダンパーを支えるダンパーホルダーには亜鉛素材を採用。低共振化構造フレームや非面接触型ポイント支持構造の採用により無共振化を実現しているという。

磁気回路はネオジムマグネットと高精度切削パーツを使用しており、こちらは内磁型を採用。OFC平角線を使用したショートプレート・ロングボイスコイルの採用により、原音に忠実な低域再生が可能とのことだ。

エンクロージャーの使用範囲を14〜28リットルの小容積で設定しており、自由度の高い設置ができるという。なお、推奨エンクロージャー容積は17リットル。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番TS-Z1000RS
  • 発売日2011年11月上旬
  • 価格¥294,000/4個1組(税込)
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番TS-S1000RS
  • 発売日2011年11月上旬
  • 価格¥126,000/2個1組(税込)
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番TS-W1000RS
  • 発売日2011年11月上旬
  • 価格¥126,000/1個(税込)