HOME > レビュー > 知ってたらすごい!Bluetooth、同時に接続できるのは何台まで?

【連載】ガジェットTIPS

知ってたらすごい!Bluetooth、同時に接続できるのは何台まで?

2022/11/16 海上忍
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
イヤホン、キーボード、リモコンにゲームコントローラーなどなど、Bluetoothデバイスが活躍する場面は増えています。照明器具のオン/オフなどホームオートメーションにも利用されはじめ、Wi-Fiともども重要な家庭用通信インフラに成長しています。

そんなBluetoothデバイス最大同時接続数ですが、「Bluetooth 3.x以前」かどうかで大きく異なります。2022年11月現在、利用開始前にペアリングが必須のイヤホンやキーボード/マウス、プリンタなどの機器はBluetooth 3.x以前の接続規格(クラシックBluetooth)を利用するものが大半で、それらは理論上最大7台、実用的には3、4台が上限とされています

現在Bluetoothは機器同士を連携動作させる「Bluetoothメッシュ」に力を入れている

一方、近年急速に増えているのが「Bluetooth LE(Low Energy)」を利用するタイプ。こちらはBluetooth 4.x以降の規格に対応したデバイスで、その消費電力の少なさを生かした照明器具や心拍センサーなど常時監視タイプのガジェットに多く採用されています。スマートウォッチがその好例で、スマートフォンとの通信は基本的にBluetooth LEで行われると考えていいでしょう。

Bluetooth LEは同時接続台数の多さも特徴で、その数なんと2の31乗。ほぼ無限と言っても差し支えありません。

ただし、実際に同時接続可能な台数はBluetoothチップ/ソフトウェアの性能により決まります。どれだけの頻度で通信を行うかなどデバイスの用途と、Bluetooth LEで使用できるデータ帯域の事情もあるため、現在の技術水準では数十台から数百台が現実的な上限と考えられますが、クラシックBluetoothよりかなり多いことは確かです。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE