iPhone TIPS

いくつ知ってる? AirPodsの設定項目がバラバラ過ぎるのでまとめた

  • Twitter
  • FaceBook
高橋 敦
2021年11月23日
多機能な完全ワイヤレスイヤホンには、その設定の変更やファームウェアのアップデートを行うための専用アプリが用意されていることも多いです。でもAirPodsシリーズにはそういうアプリって見当たりませんよね?

実はそれらとiPhoneはApple純正の組み合わせということで、そういった機能はアプリではなく、iOSの[設定]に初めから用意されているのです。

ただ、設定項目が[設定]アプリのいろいろな場所に分散してしまっていて見つけにくいのは困りもの。改めてざっと確認しておきましょう。

まずAirPodsやAirPod Pro、AirPods Maxの一般的な設定を行うには、それらをケースから出すなどしてiPhoneと接続された状態にして、[設定]アプリの[Bluetooth]から各アイテム欄の右端にある[i]マークをタップ。確認必須の基本的な設定はここにまとめられているので、当面はここだけ確認しておけば問題ありません。

他社のBluetoothイヤホンとの組み合わせでは、[i]マークから設定画面に移動したりはできません

設定の具体的な内容は今回特に説明しませんが、操作の割り当てなど一般的なものからAirPods独特の機能まで揃っています

そしてここに表示されている[バージョン]が、そのAirPodsのいわゆるファームウェアのバージョン番号です。ということはファームウェアのアップデートなんかもそれをタップしたりすれば行えそうですよね。

この画面では[4A400]というのがバージョン番号になります

と見せかけて、実はできません! というのも、AirPodsシリーズのファームウェアアップデートは完全に自動。Appleがファームウェアの新バージョンを配布開始すると、ユーザーが何もせずとも、接続されたiPhone経由でAirPodsは自動でアップデートされます。自動アップデートをオフにする設定なども用意されていません。

加えて[サウンドと触覚]の[ヘッドフォンの安全性]、加えて[アクセシビリティ]の[AirPods]と「オーディオ/ビジュアル]にも、AirPodsに関わる設定が隠されています。

[設定][サウンドと触覚]から[ヘッドフォンの安全性]に進むと……

再生音量による耳の健康への影響についての設定が用意されています


[アクセシビリティ]には[AirPods]と「オーディオ/ビジュアル]の項目があります

[アクセシビリティ][AirPods]には多くの設定項目が用意されているので、ぜひチェックしておきましょう

こちらに置かれているのは、応用的なというか、特別な場合に設定が必要になる項目という印象です。とりあえず興味本位でざっと眺めてみて、便利そうだったり面白そうだったりするものが目に留まったら試してみればよいでしょう。

[アクセシビリティ]「オーディオ/ビジュアル]も同じくです

ちなみに[アクセシビリティ]には、AirPods関連に限らず様々な応用設定や便利設定が隠されています。電車移動中の空き時間など、時間潰しがてらにチェックしてみると、思わぬ収穫があるかも?

関連記事