【連載】ガジェットTIPS

SDカード変換アダプタで性能は変わる?変わらない?

海上忍
2019年10月10日
microSDカードを挿し込むとSDカードに早変わりする「SDカード変換アダプタ」。ほとんどのmicroSDカード製品に付属し、実質的にmicroSDカードをSDカードとして利用するための小道具として利用します。

Androidスマートフォンやデジタルオーディオプレイヤー(DAP)はmicroSDカードスロット採用機が大半ですが、デジタルカメラやパソコンはSDカードスロット採用機が多く、そのギャップを埋めるためにも不可欠の存在です。

SamsungのmicroSDカード

一方、変換アダプタを装着すると読み書き速度が低下するのでは? 性能に悪影響が生じるのでは? といった心配の声を聞くことがあります。確かに、ケーブル類など “変換” をうたう製品を経由させると画質/音質が低下する事例があるため、不安に感じるのも無理はありません。

microSDカードをSDカード変換アダプタに装着することで、その性能は……低下することはありません。SDカード変換アダプタを分解するとわかりますが、その中身は電気回線を延長/入れ替えるためのもので、能動的に動作する回路やICは含まれません。だからデータ転送速度も変わらず、形状を変化させるだけの装置として利用できます。

とはいえ、電気的な接点が増えることは確かですから、粗悪なSDカード変換アダプタを利用するとエラー発生頻度が増える可能性が考えられます。信頼性の高い製品に付属のアダプタを利用しましょう。

関連記事