HOME > レビュー > いま最強のネット環境!日本初Wi-Fi 6E×クアッドバンドのメッシュWi-Fi「Orbi 9」に驚いた

30m近く離しても速度が落ちない

いま最強のネット環境!日本初Wi-Fi 6E×クアッドバンドのメッシュWi-Fi「Orbi 9」に驚いた

2022/12/02 折原一也
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ネットギアから最新Wi-Fiメッシュシステム「Orbi 9(RBKE963)」が登場する。家庭内のWi-Fiは現代人にとっては必須だし、AVファンにとっては、動画や音楽配信などのAVエンタメを満喫する上でも、Wi-Fi環境の高速・安定化は避けては通れないテーマだ。

「Orbi 9(RBKE963)」

Orbi 9は、そんなWi-Fiルーターのハイエンドモデル。日本初の「クアッドバンド」かつ「Wi-Fi 6E」 対応の最先端機器だ。親機と2つのサテライトの計3台セットで、想定価格は税込275,400円前後となる。

今回はOrbi 9の実力を確かめるべく、同社ショールームの10Gbps回線を利用して実機で速度測定を敢行。先にお伝えしておくと、約28mもの距離をとっても、ほとんど速度が落ちることなく高速通信が行えるという、驚きの結果となった。

本稿では、まずOrbi 9を語る上での重要キーワードを4つのポイントで解説していく。実際の測定結果については、記事の後半でまとめてご紹介したい。



次世代のWi-Fi規格「Wi-Fi 6E」に準拠



第1のポイントは、次世代のWi-Fi規格「Wi-Fi 6E」に準拠し、最大4804Mbpsにもなる高速通信だ。注目してほしいのが、ようやく対応機器が増えてきた「Wi-Fi 6」ではなく、その次世代のWi-Fi 6E対応というところだ。

Wi-Fi 6Eでは新たに6GHzを使用する

Wi-Fi 6Eについて、まだ知らない方も多いかもしれない。その最大のポイントは、新しい周波数帯域である6GHz帯を使った無線通信規格であることだ。従来のWi-Fiは2.4GHzと5GHzの2種類で、2.4GHzは混雑ぎみ、5GHzは比較的空いている、と認識している方もいるだろう。6GHz帯は日本でも2022年9月に認可され、Wi-Fi 6Eではこれを利用している。

6GHz帯は開放されたばかりということもあって、混雑がとても少ない。記事執筆時点ではWi-Fi 6Eに対応するデバイスは希少だが、すでに対応を告知しているスマートフォンやPCはいくつもあるので、そう遠くないうちに対応端末が増えていくはずだ。

なお、Orbi 9はハイエンド製品だけあって、ハードウェアスペック自体も超高速通信向けのハイレベル設計。ルーター側のWANポートは10G対応で、さらに2.5Gマルチギガ対応のLANポート×1、ギガビットLANポート×3という豪華構成となっている。

親機の背面端子部

電波のカバー範囲が広がる「メッシュWi-Fi」



第2のポイントは、「メッシュWi-Fi」に対応するということだ。メッシュWi-Fiとは、インターネットに接続するルーターと1台以上のサテライトを網目(メッシュ)のように連携して、1つのWi-Fiシステムを構築する方式。Orbi 9は親機とサテライト2つでメッシュを構成するセットから販売がスタートする。

メッシュWi-Fiのイメージ

家の中の様々な場所でWi-Fiに接続していると、通常のルーターでは「電波はギリギリ入っているけど接続が不安定な場所がある」のはよくある話。書斎やリビングでは電波がバッチリ飛んでいても、風呂場や寝室だと電波の入りが悪くなったりする。2階建てでも厳しく、3階建てにもなればさらに電波が届きにくくなり、そんな状態だと家族からも不満が出てくるだろう。

個人的にもWi-Fiルーターを選ぶ上で、スペック上の最大速度よりも気になるのが、 “電波の届きやすさ” だったりする。そんな問題への対処法が、メッシュWi-Fiなのだ。

次ページOrbi 9なら多くのデバイスを繋げても遅くなりにくい

1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック: