HOME > レビュー > 新しいスクリーンは天井!BenQプロジェクター「GV11」で大画面の夢を実現しよう

PR好きな角度で投写できる

新しいスクリーンは天井!BenQプロジェクター「GV11」で大画面の夢を実現しよう

2022/11/30 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
プロジェクターを使って大画面で動画を観る、楽しそうとは思うけど、部屋にスペースがないから諦めた。そんな残念な思いをする必要は、もうなくなったかもしれない。BenQの新製品「GV11」という、大画面に必要な「投写場所」に “天井” という選択肢を追加した、新スタイルのプロジェクターがあるからだ。


スクリーンでも壁でもない、天井に映像を投写しよう



プロジェクターを使ったホームシアターを構築するには、ざっくりと「プロジェクター本体」に「スクリーン」、コンテンツを再生する「プレーヤー」、サウンドまわりを担当する「オーディオ製品」が欲しい。

とはいえ本格的にはじめるわけではなく、もっと気軽に大画面を楽しみたい、というだけなら、スクリーンの代わりに「壁面」に投写すればいいし、「スピーカー内蔵」のモデルを選べばそれだけで音も鳴る。さらに流行りのWi-Fi対応モデルであれば、映像配信サービスも再生できるのでプレーヤーを接続する必要もない。つまりプロジェクター本体だけ購入すれば、大画面投写が行えるのだ。

しかし、まず前提として、大画面を映し出すスペースを確保することが問題になる。たとえば80インチなら約1771W×996Hmm(16:9)というサイズになるのだが、壁面に投写するとして、それだけの空きスペースが壁面にあるだろうか?

棚など生活用品を部屋に置いていくと、気づけば壁面は埋まっていることも多いはずだ。では頑張ってレイアウトを工夫し、壁面に空きスペースを確保したとして、プロジェクター本体を置く場所はどうだろう。なんとか作ったスペースに投写するには、プロジェクターを設置する場所も高さや角度などの点から限られてしまう。そんなことを考えていると、プロジェクターを導入するのが億劫になってくる。

そこで「GV11」だ。丸いデザインが印象的なモデルだが、その最大の特徴は、この形状を活かして135度の角度調整が行えるところ。正面だけでなく、斜め下や斜め上、そして真上を向けた天井投写までが可能ということだ。

BenQ「GV11」(予想実売価格:税込59,800円前後)



よほどのことがない限り、天井のスペースは空いているだろう。唯一、問題となるのは照明の位置だが、本体はコンパクトで、ベッドサイドなど様々な場所にポンと置くことができるため、空きスペースを狙った投写が行いやすい。

天井投写のイメージ

また、この設置のしやすさは、壁面投写にも活きる。GV11は、投写スペースに対して高さがズレているなら、本体をサッと斜めに向ければいい。レンズの位置調整のようなシビアなものではなく、ただ本体を傾けるだけ。40度の自動縦補正機能も備えている。普段はしまっておいて、観るときにだけ引っ張り出すという使い方も、普通なら面倒なものだが、小型サイズのGV11なら簡単だ。

独特な円形デザインで、真上や斜め下など135度の角度調整が可能。本体を台座にはめ込めば、動かした角度にそのまま固定できる

さらに、先述のスピーカーやWi-Fi対応といった「欲しい機能」もカバーしている。Android TV 10のドングルを同梱しているので、Amazon Prime VideoやYouTubeなどのサービスが楽しめる。スピーカーはBenQ独自のtreVolo技術を採用したもので、5Wスピーカー1基というスペック以上の迫力を感じさせるサウンドを実現する。

ドングルは本体側面に接続することで、デザインを邪魔せずスッキリ収められる

付属するリモコンから各種操作が行える

リラックスした映画鑑賞も、みんなで盛り上がるライブ鑑賞も、自由に楽しめる



ここからは実際に使ってみての印象をお伝えしていく。まず設置についてだが、ここまで書いてきたとおり、まったく置き場所に困らない。手のひらサイズのボディは、棚のすき間やスツールの上など、どこにでも設置できる。なんと映像コンテンツなら160分、音楽コンテンツなら240分再生できるバッテリー駆動に対応するため、それこそ部屋中どこにでも、というレベルの自由度の高さだ。

ストラップがついており、軽く引っ掛けて持ち運ぶことができる

本体はかなりコンパクト。写真はマグカップと並べた様子

電源を入れると、ほぼ待ち時間なくホーム画面が映し出された。本体側面にピント調整用のノブがついているので、回してピントを合わせる。はじめての起動時はWi-Fi環境への接続設定を行うことになるが、2回目からは設定を記録してくれるため、それも必要なくなる。

これでOK。あとは配信サービスを起動して、観たいコンテンツを心ゆくまで楽しむだけだ。

次ページ細かいことを気にせず、大画面をライフスタイルに取り込める

1 2 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック: