HOME > レビュー > フルテックの最高峰電源ケーブルNCFモデル「Powerflux NCF-18」をAAEX審査員がクロスレビュー

【特別企画】最上級のNCF電源端子を起用

フルテックの最高峰電源ケーブルNCFモデル「Powerflux NCF-18」をAAEX審査員がクロスレビュー

2022/03/17 鈴木 裕/生形三郎/福田雅光
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

ハイエンドな電源ケーブルを導入検討する上で必聴の存在だ(Text by生形三郎)
■振動とノイズを幾重にも対策、フラグシップの堂々たる音質

生形三郎(オーディオアクセサリー銘機賞・審査委員)

フルテックのフラッグシップ電源ケーブルが、NCFバージョンになって新登場した。端子には、メーカー製ハイエンド電源ケーブルにもこぞって採用されている同社最高級品「FI-50M NCF(R)」と「FI-50 NCF(R)」を使用。

ステンレス合金削り出しの端子ハウシング内部に特殊樹脂を採用した、フルテック最高峰プラグ「F-50M NCF(R)」(右)と、IECコネクター「FI-50 NCF(R)」(左)

ステンレス合金削り出しハウジング部、シルバーカーボンファイバーの外装部、そしてボディ部はナノ単位のセラミックパウダー、カーボンパウダー調合の人気アクセサリーNCFシリーズでおなじみ特殊素材「NCF」を配合して制振効果と静電効果を追求、ノイズ低減を図った入念な3層構造である。電極部は、純銅にロジウムメッキ処理をした上で、超低温処理&特殊電磁界処理による独自のαプロセス処理を実施、高い伝導性を確保している。

ケーブル素材は、αプロセスを施した高密度OCC導体による同社おなじみのα-導体。信号伝送の要を固めるとともに、カーボンパウダー調合のPVCを絶縁材に使用した2重シースとするなど、徹底したノイズと振動対策でハイスピード化を追求。ケーブル中間部には、プラグ部と同じシルバーカーボンフィニッシュを纏った電磁ノイズ対策「GC-303EMI」吸収材を装着し、音質に加えて高級感溢れる外観も実現している。

■音楽が明瞭に浮かび上がり、充足感に満ち溢れる愉悦の音

「Powerflux NCF-18」のサウンドは、一聴して充足感に満ち溢れる音楽の愉悦に支配された。ひと言で表現すれば低重心かつ高コントラストで、音楽が明瞭に浮かび上がるのだ。ベースやバスドラム、グランカッサなど、低音楽器は量感十二分で低域レンジも深く沈み込みながら、輪郭が極めて明瞭で筋肉質な引き締まりを持っているさまが特筆に値する。この充足感溢れるバランスは、たいへん魅力的だ。

さらに中域、高域側の表現は、とにかく音楽の背景が静かに澄み渡り、演奏のディテールや音色の質感が面白いほどに浮かび上がってくる。楽器の音像や演奏空間の音場の描写が不鮮明にならず、力強くギュッと凝縮された濃い音で立ち上がってくるのだ。余韻の表現もひときわタイトに締まっている。

これらサウンドはNCFをはじめ、先述した幾重にも施された振動対策とノイズ遮断構造による恩恵だろう。まさにフラグシップたる充足感で、堂々たる音質を実現している。このプラグを採用した電源ケーブルを多く聴いてきたが、この使いこなしの妙は、やはり開発メーカーならではのものだと実感した。とりわけ充実したボトムを得つつ、音楽へのフォーカスをグッと向上させたいポイントに使用すると好適だろう。「Powerflux NCF-18」は、ハイエンドな電源ケーブルを導入検討する上で必聴の存在である。

次ページ福田雅光氏による「Powerflux NCF-18」の音質レポート

前へ 1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE