HOME > レビュー > フルテックの新たな進化、最高峰インターコネクト「Lineflux NCF(RCA)」をAAEX審査員がクロスレビュー

【特別企画】信号系にもNCFを起用

フルテックの新たな進化、最高峰インターコネクト「Lineflux NCF(RCA)」をAAEX審査員がクロスレビュー

2022/02/23 鈴木 裕/生形三郎/福田雅光
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

NCFによる飛躍的な音の進化と魅力(Text by生形三郎)

生形三郎(オーディオアクセサリー銘機賞・審査委員)
■新開発NCFプラグを採用し、最新の音質対策を徹底して投入

フルテックから、信号系端子に初めてNCFを採用したRCAプラグ「CF-102 NCF(R)」を装着した、フラグシップ・インターコネクトケーブル「Lineflux NCF(RCA)」が登場した。新プラグ「CF-102 NCF(R)」は、センターピン内部に同社特殊素材「NCF」が注入された、αOCCロジウムメッキのワンピース中心導体を採用していることが最大の特徴である。

プラグは、α銅合金ロジウムメッキボディを基に、ハウジングはステンレス製基材にNCFと銀メッキカーボンファイバー層、特殊クリア硬質コート塗料仕上げの外装という入念な3層構造。同社フラグシップ電源プラグ「FI-50M NCF(R)」「FI-50NCF(R)」同様に、高級感あふれる仕上げとともに、高い制振効果と静電効果を実現し、低ノイズな伝送性能が追求されている。

ケーブル部は、超低温処理&特殊電磁界処理による独自のαプロセス処理が施された、13mm径単芯のαOCC導体を採用。PET/AIテープラップとα導体編組による2層シールド構成に加え、ナノ単位セラミック/カーボンパウダー化合物を含有した共振減衰素材入りPVCシース、さらに高品質ポリエチレンによる絶縁/誘電体を備えるなど、フルテックならではの徹底的な音質対策が盛り込まれた構成となっている。

単売されるフルテックのRCAプラグ「CF-102 NCF(R)」21,120円(2個1組・税込)

■極めて瞭然とした立体的な表現し、飛躍的な音質向上に驚かされる

旧プラグを採用する従来モデルと聴き比べると、「Lineflux NCF(RCA)」の予想以上の飛躍的な音質向上に驚かされる。全体的に一層静けさが増すと同時に、音のエネルギーがセンター方向に凝縮されるのだ。楽器の定位も非常に明瞭で余韻表現もタイトに引き締められるので、音のひとつひとつが極めて瞭然とした姿で描き出され、立体感に富む。

また、ノイズや歪みが徹底的に抑え込まれるためか、超高域方向は実に穏やかで落ち着いた質感が得られ、たいへん聴き心地の良いサウンドを堪能できる。よって、システムへの使い所としては、音源情報へのフォーカス向上を追求しながらも、華美にならないサウンドバランスを求める箇所に使用すると、本ケーブルの良さが最大限に活かせるのではないかと推察する。

従来バージョンのポテンシャルも十分に高いのだが、その性能が「CF-102 NCF(R)」プラグへのバージョンアップによってさらに引き出されているのが、この「Lineflux NCF(RCA)」と言えるだろう。コネクター自体が音質に与える影響の大きさを改めて痛感するとともに、この新プラグの高い音質性能に驚かされた比較試聴であった。加えて、高級感溢れる「CF-102 NCF(R)」プラグによって、思わず手にとって眺めていたくなるような美しさを獲得していることも、このケーブルの大きな魅力だと筆者は実感した。

次ページ福田雅光氏による「Lineflux NCF(RCA)」の音質レポート

前へ 1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE