【PR】スタイリッシュなデザインも魅力

レコーダーなのにテレビなしでもOK! パナソニック「おうちクラウド4Kディーガ DMR-4S201」の魅力!

  • Twitter
  • FaceBook
安蔵靖志

前のページ 1 2 3 次のページ

2021年03月19日

■テレビを “テレビなしでも” 徹底的に楽しめる「おうちクラウド4Kディーガ」

テレビがリビングの主役だった時代に少年時代を過ごした筆者にとって、テレビは今でもやはり娯楽の王様であり、そこに寄り添うかけがえのない機器がレコーダーだ。最近のテレビには録画機能も付いているが、3番組を同時に録画したり、好きな俳優や芸人などの名前で自動録画したり、Ultra HD Blu-rayなどの4Kコンテンツを存分に楽しむのには、レコーダーが欠かせない。

特に最近では動画共有サービスのYouTubeのほか、NetflixやHulu、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスなども楽しめるほか、スマートフォンやタブレットを使って自宅内で視聴したり、録画番組を転送して出先で楽しむといった使い方もできるようになっている。リビングの大画面テレビだけでなく、自室でも、外出先でもコンテンツを存分に楽しめるのだ。新型コロナウイルス禍でステイホーム時間が延びた今だからこそ、よりその魅力は増しているのではないだろうか。

ということで、パナソニックのBDレコーダー「おうちクラウド4Kディーガ」シリーズの最新モデルの中から、今回はコンパクトタイプの「DMR-4S201」に注目して紹介したいと思う。

DMR-4S201

■部屋に溶け込むデザインなので、置き場所を選ばない

DMR-4S201の魅力の一つがデザインだ。一般的なディーガシリーズは幅430mmのフルサイズだが、DMR-4S201は幅215mmのハーフサイズを採用している。既にテレビラックの中にフルサイズのレコーダーやAVアンプなどが鎮座している家庭ならフルサイズでもいいが、サイドボードなどの上にテレビを置いていて、テレビの下にレコーダーを置く場所がないといった場合には、このコンパクトサイズはかなりうれしい。

背面端子部

カラーも側面はホワイト、前面はアクリルパネルによるクリアな鏡面仕上げになっている。これまでのモデルはブラックで、いかにも “AV機器” 然としたたたずまいだったので、かなり優しい印象を受ける。最近のインテリアに多いと言われるユニットシェルフなどにも置けるので、断然インテリアに溶け込んでくれるだろう。

AVラック以外の場所に置いてもインテリアに馴染むデザイン

もう一つ注目したいのが、設置から初期設定を行い、使い始めるまで、テレビなしで行える点にある。

Bluetooth搭載によってスマートフォン連携がさらに便利に

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事