【特別企画】「ピエール中野」音質監修モデル

凛として時雨、だけじゃない!AVIOTの万能型完全ワイヤレス“ピヤホン”を徹底レビュー

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年10月25日
話題沸騰!完全ワイヤレス“ピ”ヤホン「TE-BD21f-pnk」登場

AVIOTから発売された完全ワイヤレス “ピ” ヤホン「TE-BD21f-pnk」が爆発的なヒットとなっている。

大ヒット中の完全ワイヤレス“ピ”ヤホン「TE-BD21f-pnk」を徹底レビュー!

そう、 “ピ” ヤホンである。こちらTE-BD21f-pnkは、ロックバンド・凛として時雨のドラマーであり、イヤホン好きとしても知られる「ピエール中野」さんとのコラボレーションモデル。AVIOTから同時発売された、完全ワイヤレスイヤホン初のハイブリッドドライバー搭載モデル「TE-BD21f」をベースに、音質チューニングだけではなくルックスや使い勝手にまで、ピエール中野さんの音楽のプロとしての知見、イヤホン好きとしてのこだわりが詰め込まれたイヤホンなのだ。

結果として、TE-BD21f-pnkはベースモデルの良さはそのままに、特に音質面では一味違った魅力を備えている。凛として時雨ファンにおすすめなのはもちろん、そこにとらわれずより多くの方に注目してほしいモデルだ。

なおベースモデルTE-BD21fの製品レビューが別途掲載されているので、共通の基本要素について詳細はそちらを参照してほしい。念のため、ここでも要点を以下に4つピックアップしよう。

●ダイナミック1基+BA2基のハイブリッドドライバー
●本体7時間駆動+ケースで3回充電と余裕のバッテリーライフ
●比較的にコンパクトかつバッグ等に収めやすいフォルムのケース
●定評あるAVIOTだからこそ安心できる接続安定性


それではここからはピヤホンならではの魅力を、そのサウンドを中心に紹介していこう。

ピ様アイコンがもたらす喜びと実用性!イヤピはSSも付属

もちろん一番の注目はサウンドなのだが、ユーザーの目に最初に飛び込んでくるのは、特別仕様のルックスだ。

ケースにはピエール中野さんのアイコンイラスト、「おはピエ!」ツイートでおなじみの例のアレがプリントされている。この時点でファンにはたまらないことだろう。側面のメタリックラインはベースモデルのシルバーからゴールドに変更されている。

ピエール中野氏といえば!のアイコンイラストが蓋部分の右下に。AVITOロゴは通常モデルと異なり左端中央部にプリントされる

ちなみに外装パッケージにもプリントされている

ケースの蓋はスライド式で、2/3まで開いた時点ではピヤホンはケースから出せない。また、本体収納時はケース内にマグネット固定されているので、気づかないうちに落下紛失なんて心配はしなくてよいだろう。

段階的にスライドして開く仕様のため、ピヤホン落下のリスクも防止

そしてピヤホン本体。こちらもベースモデルではシルバーである2本のラインとフェイスプレートがゴールドに変更されている。またベースモデルは両耳ともAVIOTロゴだが、ピヤホンでは左耳側のプレートが例のアイコンイラストとなっているので、左右の判別もしやすい。

フェイスプレートはゴールド仕様

付属品では、使用中の落下が不安な方に向けての左右連結ストラップと、ケースを保護するピヤホン専用セミハードケースが目立つところだろうが、イヤーピースも要注目!

専用セミハードケースも付属

SpinFit CP355のサイズはSSから用意されている

ベースモデルと共通だが、標準イヤーピースの他にAVIOTとSpinFitが共同開発したCP355も付属。そして標準イヤーピースのサイズがS/M/Lなのに対して、SpinFit CP355のサイズはSS/S/M。「SS」が用意されているのだ。特に女性には耳が小さくSサイズでも大きいという方も多いだろうから、SSサイズの標準付属はありがたい配慮となることだろう。

凛として時雨ぶっ通し再生!全く聴き疲れのないナチュラルさが魅力

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事