「大きいiPhone X」と見くびるなかれ

デカいは正義だった! 6.5インチ「iPhone XS Max」で “スマホHDRシアター” が実現する

山本 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2018年09月21日
いよいよ本日9月21日、2018年の新しいiPhoneが発売される。今年のラインナップで特に注目されている、“iPhone史上最大サイズ”の6.5インチディスプレイを搭載した「iPhone XS Max」で、スマホで楽しむ映像体験は変わるのか。実機によるインプレッションを報告したい。

iPhone史上最大のディスプレイサイズを実現した6.5インチの「iPhone XS Max」

2018年発売の「iPhone」3モデルのポイント

アップルは今年、3つの新iPhoneを発売する。第1弾として先行発売されるのが6.5インチの「iPhone XS Max」と5.8インチの「iPhone XS」だ。どちらも有機ELの「Super Retina HDディスプレイ」を採用している。そして続く10月26日には、6.1インチの液晶「Liquid Retina HDディスプレイ」を搭載する「iPhone XR」の発売も控えている。

背面にはデュアルレンズカメラシステムを搭載する

5.8インチのiPhone XSは、2017年にiPhone誕生10周年を記念して発売された「iPhone X」と画面サイズは変わっていないメインチップの「A12 Bionic」搭載やカメラまわりの機能、防塵・防水性能の向上、そして片側を埋め込み型のeSIMとしたDSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)対応が主な差分になる。新色のゴールドが追加されたことに注目している方もいるだろう。

6.5インチのiPhone XS Maxは、画面のサイズが大きくなったぶんディスプレイの解像度が変わっているが、画素密度はiPhone XやXSと同じ458ppi。コントラスト比も同じ100万対1となるが、飛躍を遂げたA12 Bionicの画像処理性能によってパネルが持つ性能をフルに引き出し、よりたくさんの情報量を引き出せるようになっているという。静止画でiPhone Xのディスプレイと見比べてみると、輪郭の鮮鋭感、階調表現の豊かさと奥行き方向の立体感などに違いが現れる。

カメラのレンズ周辺にゴールドのリングをワンポイントで配置している

5.8インチの「iPhone X」とサイズを比較。本体のサイズは「iPhone 8 Plus」とほぼ変わらない

兄弟機のiPhone XRはパネルが液晶であるという以外に、HDRコンテンツの表示に非対応であること、パネルを押し込む操作に機能を割り当てられるユーザーインターフェース「3D Touch」に対応していないことが差分として挙げられる。6.1インチというサイズは大画面スマホに分類されることもあり、同じ全画面デザインとは言っても、画質重視でスマホを選ぶ方にはiPhone XS Maxがおすすめだ。

サージカルグレードのステンレスにPVD(物理蒸着処理)によってゴールドを着色している。ヘッドホンメーカーで言えば、Ultrasoneがハイエンドモデルでよく使っている手法だ

iPhone Xと比べてみるとiPhone XSシリーズはフレームの上下にアンテナラインが1本ずつ増えている。LTEの電波通信感度も強化され、周波数帯はiPhone Xから2つ増えて29種類のバンドに対応する

iPhone XSとiPhone XS Maxは、どちらもHDR10とドルビービジョンの両方をサポートしている。現時点では、ドルビービジョン対応の高画質スマホは貴重な存在だ。

フロントパネルのノッチは健在。TrueDepthカメラによる顔認証機能「Face ID」は読み取り精度がパワーアップしている

iTunesのHDRコンテンツでXS MaxのAV性能を測る

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事