USB3.0で初のガルバニック・アイソレーター

iGalvanic3.0 テクニカル・ノート ― 全てのコンピューター・オーディオ・ファイルへ向けたアイソレーターとは?

iFI-Audio(翻訳:生塩昭彦、構成:オーディオ編集部)

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2017年08月22日

Part5:iGalvanic3.0は他とは比較になりません

他のUSBガルバニック・アイソレーション機器は、Full Speed(12Mbps)とLow Speed(1.5Mbps)の伝送に限定されています。

比較すると、iGalvanic3.0は次世代を代表する仕様を備えていることが分かります。遅いスピードはもちろん、USB Hi-speed(480Mbps)とUSB3.0 Super-speed(5Gbps)を伝送することができ、しかもデータと、電力&アース・ラインの両方にフル・ガルバニック・アイソレーションを実現することができるのです。

他製品がUSB2.0ガルバニック・アイソレーションで止まっているところで、私たちはUSB3.0ガルバニック・アイソレーションからスタートして、この機器にターボチャージをかけて、USBオーディオの究極にまで押し上げたのです。

1 USB3.0ガルバニック・アイソレーションを実現し、それをハイパフォーマンスのコンピューター・オーディオ専用にしました。
2 REclock2、REgenerate2、REbalance2のステージを搭載しました。
3 電源:ステルス・コンバーター − 全体にわたって超低ノイズの、レギュレーションされたUSBパワーを実現しました。



◆まとめ◆

iGalvanic3.0がどのようにして形を見たのかについてのテクニカル・ノートを、楽しく通読していただけたと思います。USBコンピューター・オーディオを使用していらっしゃるどのような人にとっても、そして全ての人にとって、音質の改善は微妙という程度ではありません。

コンピューター・オーディオとアース設定のためにゼロから開発された、専用のUSB3.0アイソレーションによって、いかなるコンピューター・オーディオ・システムにも完璧に、他製品にはない高度な技術で対応する準備ができているのです。

まさにこれこそが、USBオーディオの唯一の「聖杯」なのです。

iGalvanic3.0の特徴
・USBバスのガルバニック・アイソレーション ※USB3.0、USB2.0の全スピード(5Gbit/sまで)および全伝送モードに対応
・768kHz/32bitとDSD24.6MHzのハイレゾ・オーディオをサポート
・REclock2、REgenerate2、REbalance2の各テクノロジーを搭載
・ディスクリート超低ノイズ高電流リニア・レギュレーターが絶縁された電源出力を実現
・航空機グレードのアルミニウム筐体がEMI/RFIを遮断
・電源はUSBバスで電力を供給。超低ノイズでありながら別電源が不要。
・レイテンシー(データ処理の遅延)を増すことなく、ホストと機器に対して透明
・あらゆるOSに幅広く対応(ドライバーが不要なので、箱から出してすぐに使えます)

iGalvanic3.0のスペック
出力電圧:5V±3%(3mA
出力電流:900mA(最大)
ノイズフロア(出力):0.5 μV(500mA)
USB伝送速度:5.0Gbps(USB 3.0)、480Mbps(USB 2.0 Highspeed)、12Mbps(USB 2.0 Fullspeed)、1.5Mbps(USB 2.0 Lowspeed)
端子:USB 3.0 Btype(ホスト側)、USB 3.0 Atype(デバイス側)
入力電圧:DC4.5V〜5.5V(USBバスパワー)
消費電力:6W以下
サイズ:67W×28H×93Dmm
質量:128g

iGalvanic3.0をもっと知るための補足事項

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連リンク

関連記事