[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第182回】Bluetoothイヤホン、左右独立はまだ早い? 今あえて「ネックバンド型」に注目すべき理由

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年03月10日

ネックバンドスタイルの特徴を生かし、ウェアラブルアイテムとしての利便性を付加した製品も登場している。それがKripsch「X12 Neckband」「R6 Neckband」だ。

X12 Neckbandは実売4万円程度。これまた高いが実物の質感等を見れば納得

R6 Neckbandは実売2万円程度とお手頃に。でも本革バンド!

こちらは前述の要素も「ネックバンド部分に大型のバッテリーを搭載して長時間再生」と明言しており、連続再生は最大18時間。またネックバンド部分には本革を採用し、細身の金属ワイヤーとの対比で印象的なルックス、手応え首応えのある装着感を演出している。そもそものイヤホン本体部分は定評あるワイヤードモデルをベースとしており、サウンドクオリティにも不安はない。

だが、今回注目してほしいのはここ!
「スマートフォンでのご利用時の受話や、Bluetooth接続をバイブレーションでお知らせする機能も搭載しています」

ワイヤレスに限らず、スマートフォンにイヤホンを接続している際に厄介なのは、「イヤホンを接続しているけれど、そのイヤホンを耳から外している時には、そのイヤホンから鳴らされるスマートフォンの通知音に気付けない」ということ。気軽にイヤホンを耳から外して首からぶら下げておけるネックバンドスタイルだと、その状況に特になりやすいかもしれない。

これらのモデルはそこに「イヤホンだからって音で伝えることにこだわらなくていいんじゃね?」という新発想の解決策を提示してきてくれたのだ。なるほど!と感心させられた。ただこちら、メールやメッセージングアプリ、カレンダーやリマインダーなど通知全般にまで対応しているかは特に表記がない。そこは機会があれば改めて確認しておきたい。

完全にウェアラブルアイテムなXperia air。イヤホンとされてはいるが、ウェアラブル要素も強いAirPods。対して、オーディオアイテムであることを本分としながらウェアラブルアイテムとしての配慮も加えた製品がこちら、と言えるだろう。こういった感覚のイヤホンやヘッドホンは今後増えてきてほしいと思う。

ネックバンド型の課題は夏?!

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事