【特別企画】「ここにしかない 美しい響き」

サーモスの“真空サウンド”スピーカー「VECLOS」がVGP受賞。その魅力を鴻池賢三が解説

鴻池賢三
2015年06月17日




スマホと組み合わせて手軽に音楽が楽しめるBluetoothスピーカーは、その利便性が受けて人気急上昇中だ。持ち運びも可能なコンパクトタイプを中心に、今では店頭に溢れんばかりの製品が並んでいる。

そんな中、異彩を放つ新製品が登場し話題を集めている。魔法びんの世界的なブランド「THERMOS」(サーモス)が立ち上げた「VECLOS」(ヴェクロス) の第一弾製品となる「SSA-40M」だ。

【SPEC】● 通信方式:Bluetooth標準規格Ver3.0+EDR ●実用最大出力:3W ●スピーカー口径:40mm ●連続再生時間:約10時間 ●外形寸法:約52W×94H×61Dmm ●質量:約160g●付属品:充電用USBケーブル、キャリングポーチ


1904年に世界初のガラス魔法びんを開発。その魔法瓶は今日に至るまで進化を遂げ、現在、世界中で愛用されるブランドとなった。そんな同社の真空技術をオーディオのために惜しみなく注ぎ込んだのが、この「VECLOS」(ヴェクロス)である。

特徴は、同社が魔法びんで培ってきた真空技術の応用。手のひらに収まる超コンパクトサイズながら、真空二重構造により、スピーカーの筐体として理想的な高剛性および内部損失要素を両立した。

ノイズの少ない明瞭でキレのある音を実現するために、サーモスの魔法びんのノウハウを生かして「真空エンクロージャー」を新開発。写真はその断面図。これにより、スピーカー本来のサウンドを引き出す。

さらに、パイオニアとの協同開発による、オリジナルの小口径ドライバーを組み合わせることで、キレがよく、透明感に溢れるピュアなサウンドを実現。

スピーカーユニットはパイオニアと共同開発。本機のために最適化されたものを搭載している。だからHiFi志向のピュアなサウンドが楽しめる。

実際に試聴してみると、歪みなく繊細な高域は特筆に値し、特にジャズピアノの音色の生々しさや余韻の美しさが印象的だ。女性ボーカルも艶やかで魅力たっぷりに聴かせてくれる。

こうした美しい響きは、真空構造を用いた剛性の高い金属エンクロージャーならではの味わいといえ、雑味のない澄んだ音色は、仕事をしながら聴くシーンにもあう。デスクトップでBGM的な使い方にも適しそうだ。

僅か160グラムと軽量で、携帯性も抜群。家庭でも出先でも、独創的な世界初のテクノロジーで、新感覚の「いい音」が楽しめる提案性を高く評価した。

【問い合わせ先】
サーモスお客様相談室
TEL/0256-92-6696
http://www.thermos.jp/

(提供:サーモス株式会社)

関連記事