デレたお嬢様の妹、それが「MOMENTUM On-Ear」

人気女性声優8人×8色カラバリ総チェック! 推しタイトルをゼンハイザー「MOMENTUM On-Ear」で聴く

高橋敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2014年08月21日
編集部でダラダラ話をしていると、ゼンハイザー「MOMENTUM On-Ear」の話題になった。コンパクトでスタイリッシュ、そしてもちろん、音質も高評価のヘッドホンだ。

今回注目したのはそのカラバリ。最初は4色展開だったが、どんどんラインナップが増え、いまや全8色。イヤホンだと多色展開はわりと多いが、ヘッドホンでここまで選択肢がそろっているものは珍しい。しかも色合いがけっこう渋い。この豊富な色彩を伝えるのに、何かになぞらえたらわかりやすいのでは? ということで、各色をキャラクターとか人物に置き換えてみる企画を考えてみた。

「MOMENTUM On-Ear」はいまや全8色展開! どの色を選ぶべきか今回の企画で最終結論が出る、かもしれない。

しかし実際に検討してみると、8色すべてを1ジャンルのキャラクターや人物にぴたっと当てはめることはけっこう難しい。企画の方向性はいい感じなので何とか進めたいのだが…。

そこで頭に浮かんだのが人気連載「高橋敦のオーディオ絶対領域」で暴走&脱線、当方には全く意味不明の声優ネタ原稿を送りつけてくる高橋敦氏だ。逆にこっちから「声優ネタ」として振ればしっかりやってくれるに違いない。…ということなんで高橋さん、『人気女性声優×カラバリ』ってことで原稿書いてください!できますよね? いつもあれだけ声優声優書いてるんだからできないわけないですよね?

すると高橋氏は「…たとえばレッドなら上坂すみれさんであることに疑いの余地はないですね」と力強く断言。…いける…。この男ならやってくれる。じゃあその調子で「全8色」ですから!お願いしましたよ!じゃ!

「え…いやでも8色は無理ですよ!いまどきの声優にしては色合いが渋すぎだし、そもそもイメージカラーが『茶色』のアイドル声優とかありえないでしょ!キンブレ(ファンがライブで振る多色対応ペンライト)だって茶色になんて光りませんよ!だから無理なんです!キンブレが!キンブレが無理なんです!…ちょ!待てッ!待てって!」

…と無慈悲に電話を切りMOMENTUM On-Earを高橋氏の自宅に送りつけてから待つこと二週間。投げ返されてきたのが今回の記事の原稿だ。高橋敦お得意の声優関連企画、今回はあえてムチャぶりで書いてもらいました!(編集部)



……さてさて今回は、「モメたむ」(MOMENTUM On-Earのこと)のカラーバリエーションを人気女性声優さんのイメージカラーに対応させ、彼女たちの音楽との相性をチェック! 最適な色のモメたむを選ぶことで、好きな声優さんの歌をさらに気分を高めて聴こうではないかという実践的なセレクションを実施する!もうこの時点でかなり意味不明だが、この先さらに強引な部分もあるので覚悟しておいてほしい!

ではさっそくだが、今回の8色のカラバリにマッチングするイメージカラーをまとう人気声優8人8曲、登場!!




●RED


Здравствуйте!赤い!赤すぎる!声優界のレッドショルダー!上坂すみれ来たれ!暁の同志」だァッ!

●BLUE


宇宙の光はみかこしBLUE!空も海もみかこしBLUE小松未可子波乗りグライダー」だァッ!

●IVORY


ダーク&ヘヴィなゴスメタの世界でこそ白が輝く!デスヴォ対応声優はここに実在する!喜多村英梨掌 -show-」だァッ!

●BLACK


究極最強の厨二カラー!漆黒の闇が我を呼び起こす…さあ、今宵も宴を始めようではないか!野水いおりDARAKENA」だァッ!

●SAMBA


オレンジでないのは残念…しかしサンバとくれば夏だ祭りだこの人だ!今年も夏ソング!戸松遥Fantastic Soda!!」だァッ!

●BROWN


茶色といえばパン!パンといえばこの人!唸るパン欲!小麦粉の妖精!花澤香菜Good Conversation」だァッ!

●GREEN


緑といえばよもぎ!よもぎといえばこの人!プロフェッショナルかわいい!小倉唯Tinkling Smile」だァッ!

●PINK


この世で一番ピンクな声優でございますか?小倉唯、高垣彩陽…いろいろございますなァ……ただ、たった一つだけというのならやはり……田村ゆかり秘密の扉から会いにきて」だァッ!



もちろん異論は多々あることと思う。僕もブルーを小松未可子さんと雨宮天さんのどちらにするべきなのかなど、かなり迷った。しかしここは全体のバランスや流れでこうなったということで理解してほしい。

いやだからイメージカラーが茶色の声優とか普通に探してもいねーし!

MOMENTUM On-Earは「いきなりデレたお嬢様の妹」なのだ!

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事