一条真人の体当たり実験室

ハイレゾ音源は人間の耳で聴き分けられるか? 禁断のブラインドテストで検証!

構成:ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2013年11月06日

いよいよ答え合わせ。しっかり聴き分けることはできたのか?


音元出版の試聴室でテストした。DA-06の表示部分が見えないように物で隠すなど、万全の対応を行った
5種類を聴き終わったあと、一条氏は何とか気を取り直し、もう一度聴きたい音源をリクエスト。それを何回か繰り返し、軽く頷いて試聴を終えた。

ついに答え合わせの時間だ。5種類を聴き終えた一条氏に、小澤(♂)が「音が良いと思った順番に数字を言ってください」と詰め寄る。

一条氏は、ためらいがちに「4番目、1番目、3番目、5番目、2番目の順です」と告げる。

小澤があらかじめ用意していた対応表と見比べるあいだ、長い沈黙が訪れた。古いが、「クイズ$ミリオネア」でみのもんたの宣告を待つ回答者のような表情になっている。

しばらくして「なるほど、興味ぶかい結果が出ました」と小澤(♂)が口を開き、ゆっくりと正解を告げた。一条氏が、音が良いと判断した順番は以下の通りだった。

(1)256kbpsのAAC
(2)44.1kHzのWAV
(3)192kHzのWAV
(4)96kHzのWAV
(5)128kbpsのMP3

なんと、一条氏はAACの音が一番良いと判断してしまった! そのあとにハイレゾを含むWAV系が並んだが、サンプリングレートの順番を正しく当てることはできなかった。MP3を5番目、つまり最も低音質と判断したところはしっかり正解したが、全体的にはかなり厳しい結果になってしまった。

………これはまずい。ハイレゾを盛り上げようと当サイトやハードメーカー、ソフトメーカー、そして我々メディアも一丸となっている中、ハイレゾが聴き取れませんでしたというのはシャレにならない。さすがにちょっと体当たりしすぎたかもしれない。

では、2択なら聴き分けられるか実験

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事