一条真人の体当たり実験室

ハイレゾ音源は人間の耳で聴き分けられるか? 禁断のブラインドテストで検証!

構成:ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2013年11月06日
楽曲の再生を1種類目、2種類目…と進めていくうちに、みるみる一条氏の顔色が曇っていく。腕組みをして長考し、深くため息をつく。冗談が次々に飛び出るふだんの姿からはかけ離れた姿だ。「どうしたんですか」と声をかけると、「うーん、これ、頭が混乱してきますね…」と、先程までの自信が嘘のように、力ない言葉が漏れる。

「これは難しいな…」とブツブツ言いながら試聴する一条氏

その後、3種類目、4種類目…と再生を進めると、おもむろにアイマスクを外した。すでに目から光が消えており、そのうちに視点が斜め下45度程度のところで固定され、動かなくなった。完全にフリーズしたようだ。「種類が少ないうちはどちらが高音質か判断しやすいけど、多くなるとどんどん混乱して分からなくなってきますね」と当たり前のコメントが出てくるあたり、完全に余裕を失っている。

混乱して完全に固まってしまった一条氏

5種類のファイルの再生を終えると、それまでの沈黙を破り、突然「ハッハハハハハ」と異様な笑い声を轟かせた。どうやら脳が正常な判断能力を失ってしまい、混乱して笑いに逃げてしまったようだ。笑うことによって精神の均衡をギリギリのところで整えているのだろう。保護回路が働いたような感じか。

いよいよ答え合わせ。しっかり聴き分けられたのか?

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事