[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第54回】穴がない! 新感覚イヤーチップ「サイレントピース」を使ってみた

  • Twitter
  • FaceBook
高橋敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2013年07月18日
今回の主役は禅問答のようなコレ、“穴があいていないイヤーチップ”

カナル型イヤホンについて多くの方が期待する性能は“音質”…ともうひとつ、“遮音性”だろう。通勤通学手段が電車等、さらには地下鉄な方にとっては、遮音性の良し悪しは下手をしたら音質の良し悪しよりも重要かもしれない。「繊細な表現力がうんたら」なんて話は、音楽が騒音に負けてまともに聴き取れない状態では「それ以前の問題だ!」なわけだから。

そのカナル型イヤホンにおける遮音性の大部分を決定付けている要素が、耳に押し込む耳栓部分であるイヤーチップやイヤーピースと呼ばれるパーツだ。これの素材・形状・サイズなどによってカナル型イヤホンの遮音性は大きく変わる(なお音質も変わる)。

イヤーチップの種類としては、大体どのカナル型イヤホンにも付属する「ソフトシリコン製」、ちょっと気の利いたイヤホンだと付属していることが多い「ソフトフォーム製」のふたつが一般的だ。特に後者は文房具店などで売られている耳栓と同じような素材なので、遮音性が高い場合が多い。

さて、今回紹介するのはサードパーティによるちょっと特殊なイヤーチップだ。見てもらえばすぐに何となく「そういうことか…」とわかってもらえると思うので、まずは写真!

裏面にノズルに固定するための穴はあるが表面の耳に音を届けるための穴がない!?

径と高さが異なる3サイズが用意されている。赤と青は径は同じだが赤の方が背が高い。黄色は背の高さは赤と同じだが径は小さい

…というわけで、その名も「サイレントピース」だ。オンライン直販価格はお試し用3サイズ各1組セットが525円。各サイズの5組セットが840円。

見ての通り、穴が空いていない。イヤホンのノズルから送り出された音を耳の中に導き放出するための穴が空いていないのだ。そのため、見た目はまさにただの耳栓に近くなっている。

この製品、まず普通だと穴が空いているはずの部分にも遮音材がさらに詰まっている→遮音性アップ! という単純な図式が成り立つことはすぐにわかるだろう。さらにイヤホン本体(ハウジング)を通過してノズルを通って侵入してくる騒音もカットするとのことだ。

またその素材には、耳栓を含めて防音保護具のトップブランドであるモルデックス社の高遮音性特殊発砲ウレタンを採用。これはカーレースや工場での採用実績がある素材らしい。この面からも遮音性をさらに強化している。

しかしただ穴を塞いだだけでは音の通り道がなくなって耳に届く音質が変質してしまう。具体的には特に高音の減衰が問題だ。一体そこはどうなっているのか…??

解説! 穴があいていないサイレントピースの秘密

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事