「明るい3D映像」の実力とは

ワイヤレス対応で驚きの“使いやすさ”を実現 ー エプソンのプロジェクター「EH-TW6000W」を徹底研究

レポート/山之内 正

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2011年10月28日
エプソンの「明るい3D映像」を実現した液晶プロジェクター新製品“dreamio(ドリーミオ)”のラインナップから、「EH-TW6000W」を紹介する。BDプレーヤーなどからワイヤレスで映像やサウンドを送れる「WirelessHD」の接続方法にも対応し、さらには本体にスピーカーも内蔵して、まさにプロジェクター1台で3Dホームシアターが満喫できてしまう製品が誕生した。本機の使いこなしと、3D映像の魅力を山之内正氏がレポートする。


手軽な使い勝手を実現した3D対応“ドリーミオ”の中核モデル「TW6000シリーズ」


高精細な画質と使いやすさを両立させた“ドリーミオ”の新スタンダードがTW6000シリーズが誕生
EH-TW3600」の後継機として発売された本機は、エプソンのホームプロジェクターの中核に位置付けられる重要な製品だ。リビングシアターで活用するためには性能と使い勝手の両立が肝要だが、本機はその点でも推薦に値する製品といえる。


EH-TW6000W

EH-TW6000
十分な明るさを確保したうえで最新仕様の3D表示を実現、しかも本体はコンパクトで設置の自由度が高い。さらにHDMI配線の必要がない「WirelessHD」対応機を用意していることが推薦理由だ。



TW6000シリーズに搭載された0.61型の「D9」液晶パネル
本機は心臓部の液晶デバイスに480Hz駆動の最新パネルを搭載し、230Wの高出力ランプと組み合わせて2,200ルーメンという余裕のある明るさを実現している。

480Hzでの動作は液晶プロジェクターのなかでも突出した高速駆動で、いまのところ国内ではエプソン製プロジェクターだけが実現している。

この高速駆動システムを導入することによって、3D表示の際にメガネのシャッターを閉じる時間を短縮することができ、その結果、メガネを光が透過する時間が長くなる。そうして十分な明るさを確保し、本機は家庭用3Dプロジェクターとしては最も明るい製品の一つに位置付けられる性能を獲得したのだ。これまで3Dプロジェクターは画面が暗いという弱点があったが、本機や上位モデルのTW8000シリーズはその課題をほぼクリアしたといっていい。

アクティブシャッター3Dメガネは1本が本体に同梱されている。別途単品販売も行われているので、追加購入することも可能だ

高速駆動によって明るさを確保する「Bright 3D Drive」は、クロストークの発生量が少ないというメリットもある。明るさを上げるとクロストークが目立ちやすくなるというのがこれまでの常識だったが、本機はそのジレンマを解消することに成功した数少ない3Dプロジェクターなのだ。


「WirelessHD」対応で、映像も音もケーブルレス!その使いこなしに迫る

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事