HOME > ニュース > iOS 16.3提供開始。セキュリティ大幅強化、バグ修正も多数

緊急SOSが自動で行われないよう修正も

iOS 16.3提供開始。セキュリティ大幅強化、バグ修正も多数

2023/01/24 PHILE WEB
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは、iPhone向けのiOS 16.3を提供開始した。

iOS 16.3では、セキュリティ面をさらに強化。「iCloud用の高度なデータ保護」では、エンドツーエンドの暗号化で保護されるiCloudデータが、iCloudバックアップ、メモ、写真を含む計23種類に拡大する。これによって、クラウドでデータ漏洩が起きても情報を保護することができる。

またApple ID用のセキュリティキーを使用することで、新たなデバイスでの2ファクタ認証によるサインイン時に、物理的なセキュリティキーがないとサインインできなくすることが可能。これによってアカウントのセキュリティを強化することができる。

そのほかiOS 16.3では新機能として、黒人歴史月間を記念した、黒人の歴史と文化をたたえる新しいユニティの壁紙が追加されたほか、HomePod(第2世代)に対応した。

また、緊急SOSで意図しない緊急通報が行われていることを受け、通報する際、サイドボタンと、上下どちらかの音量ボタンを長押ししてから放す操作が必要となる。

そのほか「フリーボード」アプリでは、Apple Pencilまたは指を使って描画した筆線が共有ボードに表示されないことがある問題を修正したほか、ロック画面の壁紙が真っ黒になることがある問題に対処。ほかにも以下の問題を修正している。

・iPhone 14 Pro Maxのスリープ解除中に横線が一時的に表示されることがある問題
・“ホーム”のロック画面ウィジェットにホームAppの状況が正確に表示されない問題
・Siriがミュージックのリクエストに正しく応答しないことがある問題
・CarPlayのSiriへのリクエストが正しく認識されないことがある問題

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック