HOME > ニュース > KDDIの通信障害、70%程度回復。発生から丸1日以上が経過

東日本の回復見込みは別途告知

KDDIの通信障害、70%程度回復。発生から丸1日以上が経過

2022/07/03 PHILE WEB編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
KDDIは、7月2日1時35分頃から発生した通信サービス障害について、3日午前10時時点での状況を発表した。

それによると、全国的にデータ通信を中心として徐々に回復しているが、9時時点と変わらず、西日本、東日本共に70%程度回復しているという。

西日本は11時頃に回復となる見込み。東日本については、当初9時30分の回復を目標としていたが、以前回復しておらず、見込み時間は別途告知するという。

通信障害が発生しているサービスは、au携帯電話、UQ mobile携帯電話、povo、au回線利用事業者の音声通信、ホームプラス電話、ホーム電話、auフェムトセル、SMS送受信。輻輳を軽減するために流量制御などの対策を講じており、音声通話とデータ通信が利用しづらい状況が続いている。

「ずっと、もっと、つなぐぞ。」をキャッチコピーにしていたが…

今回の障害の原因について同社は、7月2日未明の設備障害によって、VoLTE交換機でトラフィックの輻輳が生じたためと説明している。

(7月3日午前10時時点の情報に更新しました)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック