HOME > ニュース > 「aiwa」ブランドのスマホ/タブレット/スマートウォッチ誕生。8月発売

JENESISがデジタル分野における商標権獲得

「aiwa」ブランドのスマホ/タブレット/スマートウォッチ誕生。8月発売

2022/06/29 編集部:小野佳希
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
JENESIS(株)は、アイワ(株)から「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得。「aiwaデジタル」シリーズ第一弾製品として、スマートフォンやタブレット、スマートウォッチを8月より順次発売する。

「aiwaデジタルシリーズ」としてスマートフォンなどを展開

製品の具体的な詳細はまだ明かしていないが、フラグシップモデルとなる10.36インチタブレットをはじめとした各種Androidタブレットやスマートフォン、2in1 Windowsタブレット、IP67防水防塵スマートウォッチを発売するとのこと。また、第2弾も2022年中の投入に向けて鋭意開発・製造を進めているという。

JENESISは、各種IT機器の開発・製造及びカスタマーサポート受託などを行っている企業。今回、他社のEMSやODMではなく自主事業としてaiwaブランドでの製品展開を行うことになった。

なお、aiwaブランドは2008年にいったん終息した後、十和田オーディオの下で2017年に復活。新生アイワとしてテレビやラジオ、CDラジカセ、Bluetoothスピーカーなどを展開している。今回はデジタル分野における商標権をJENESISが獲得した形のため、AV機器関連は今後も引き続きアイワが手掛けていくものとみられる。
【関連記事】新生「aiwa」ブランドで変わること、変わらないもの − アイワ三井社長・中村取締役インタビュー

JENESIS代表取締役社長であり、親会社のJNSホールディングス代表取締役副社長も兼任する藤岡淳一氏は、「私たちは、かつての『アイワ』製品の開発や製造に血と汗を注いだ技術者達に敬意を表し、そして世界で愛されたブランドまでに成長した『aiwa』を支えた方々の大切な想いを引継ぎ、新生『aiwaデジタル』として日本および世界に展開していく」とコメント。

「深センに位置する自社工場での部品一つ一つの細部にまで徹底的に追い込んだ品質への拘り、弊社が日本国内に拠点を保有する保守・サポート体制拠点を中心に、エンドユーザーに寄り添ったサポート・サービスを展開し、DX時代におけるビジネスや生活のシーンに溶け込むような、ソフトウェアとハードウェアが一体となった製品とサービスを、全ての世代に対してシームレスなデジタル空間を提供する」としている。

また、アイワの代表取締役会長である蒲生雅一氏は「今回のアライアンスは、デジタル・IOT化時代においても、時を超え愛されるaiwaブランドを継続するための大きな礎となると確信している」とコメント。「今後とも、aiwaファンの皆様のご期待に応えるよう邁進いたしますので、何卒宜しくお願い致します」と述べている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE