HOME > ニュース > 将来の折りたたみiPhoneにも採用?アップルが「薄型有機ELパネル」開発を始めたとの噂【Gadget Gate】

偏光板をなくして薄型化

将来の折りたたみiPhoneにも採用?アップルが「薄型有機ELパネル」開発を始めたとの噂【Gadget Gate】

2022/05/11 Kiyoshi Tane
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルが偏光板を取り除いた有機ELパネルの開発を始めたという、サプライチェーン情報が届けられている。この技術はサムスンの折りたたみデバイスに用いられたものと同じであることから、折りたたみiPhoneやiPadが開発中の可能性が浮上しているしだいだ。

韓国の電子産業情報誌The Elecによると、この偏光板のない有機ELパネルはより薄くすることが可能となり、ひいては折りたたみ式デバイスに最適になるという。偏光板は特定の方向のみ光を透過できるようにすることで画面の視認性を向上させるものだが、一方では輝度の低下を補うため消費電力が増やされ(バッテリー駆動時間が短くなる)、パネルの寿命を短くすると説明されている。

The Elecはそれ以上のアップルについての情報を伝えていないが、サムスンが「Galaxy Z Fold 3」で同様の偏光版レス有機ELパネルを採用したことを指摘している。サムスンは個別のレイヤーではなく、TFE(薄膜封止/有機ELパネルを覆う無機質層)レイヤーに直接カラーフィルターを統合したとのことだ。

偏光板レス有機ELパネルは「Galaxy Z Fold 3」に採用された

実際にサムスンが折りたたみ式デバイスに使える薄型ディスプレイを実現できたということは、アップルもその後に続く可能性があるということだ。単にiPhoneの薄型化を目指しているだけかもしれないが、以前もアップルはサムスンに「大量の」折りたたみ式画面のサンプル提供を要請したと噂されたことがあった。

The Elecは韓国のサプライチェーン情報については数々の実績があるが、アップルの計画については未知数ともいえる。とはいえ、アップルが独自に有機ELパネルを開発しているとも考えにくく、今回の噂も本当であれば韓国企業のサムスンあるいはLGグループと協力しているはずであり、そちらからの情報とすれば可能性は低くなさそうだ。

最近のアップルは新型MacBook Proや12.9インチiPad Proに採用されたミニLEDバックライト(Liquid Retina XDR)ディスプレイが注目されやすいが、実は有機ELパネルの新技術に取り組んでいるとの噂もたびたび報じられている。

たとえば将来のMacBookやiPad向けに「ツースタック・タンデム構造」、つまり赤/緑/青の発光層を2段重ねにして輝度とパネル寿命を改善する技術が開発中との報道もあった。今後、同社が有機ELパネル採用の新製品を投入していくのか注視していきたいところだ。

Source: The Elec
via: AppeInsider



※テック/ガジェット系メディア「Gadget Gate」を近日中にローンチ予定です。本稿は、そのプレバージョンの記事として掲載しています。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック