カメラも強化

アップル、新「iPad mini」発表。8.3インチ液晶採用でUSB-Cに対応、59,800円から

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年09月15日
アップルは、iPad miniを発表。9月24日に発売する。カラーはパープル、ピンク、スターライト、スペースグレイの4色。Wi-Fiモデルの税込価格は59,800円(64GB)/77,800円(128GB)、Wi-Fi+Cellularモデルの税込価格は77,800円(64GB)/95,800円(128GB)となる。

「iPad mini」

8.3インチのLiquid Retina displayを搭載する、iPad miniの新モデル。これまでと同じサイズを維持しつつ、ベゼルを狭めることで画面サイズを広げられたとする。ディスプレイは500nitの高輝度や広色域、True Tone、低反射コーティングに対応する。

8.3インチのLiquid Retina displayを搭載

パフォーマンスは従来と比較し、CPUは40%、GPUは80%高速化。ニューラルエンジンについても、最大2倍に向上することで、iPadOS 15の翻訳アプリではリアルタイムの自動翻訳が行えるという。

充電はUSB-Cに対応し、従来から最大10倍の高速充電が可能。20WのUSB-C Power Adaptorが付属する。

USB-Cに対応

カメラはFocus Pixels対応の12MPセンサーを採用し、より明るいF1.8のレンズを搭載。新しいISPによる、スマートHDRにも対応する。また、True Toneフラッシュを備える。

Focus Pixels対応の12MPセンサーを採用

フロントカメラは12MP/122度。ビデオ通話などで自動的にフレーミングするセンターフレームに対応する。

通信面ではWi-Fi 6をサポート。Cellularモデルでは5Gに対応し、最大3.5Gbpsのダウンロード速度に対応する。

ほか、Apple Pencill(第2世代)による手書きに対応。指紋認証機能のTouch IDは、「iPad Air」のように上側面に移動した。また、スピーカーは横向きでのステレオ再生に対応する。

Apple Pencill(第2世代)に対応

Touch IDはトップに移動


スピーカーは横向きでのステレオ再生に対応

関連リンク

関連記事