ソフトバンクでは発売記念キャンペーンも実施

モトローラ、胸ポケットサイズまで折りたためる5Gスマホ「razr 5G」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年03月04日
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、同社では国内初の5G対応Androidスマートフォンとして、折りたたみ機構搭載モデル「razr 5G」を3月下旬より順次発売する。

「razr 5G」

国内大手キャリアではソフトバンクが取り扱い、端末価格は税込19万8,000円前後。先着1,000名の購入者を対象に、BEAMSがデザインしたコラボTシャツをプレゼントする発売記念キャンペーンも実施する。またSIMフリー版もラインナップし、同社直販サイトでは税込17万9,800円にて取り扱う。

アスペクト比21:9の6.2インチ大型有機ELディスプレイを搭載すると共に、独自の折り曲げ構造によりシャツの胸ポケットに無理なく収まるサイズまで、ほぼ隙間なく折りたたむことが可能。

21:9の6.2インチ有機ELディスプレイを内側に折りたたみ、半分近いコンパクトサイズにできる。折りたたみ時用の小型ディスプレイも搭載

折りたたみ時は有機ELディスプレイが内側となるが、本体背面に2.7インチの「クイックビューディスプレイ」を搭載。閉じたままでもメッセージ送信/ビデオ通話/セルフィー撮影など対応するアプリのタッチ操作が可能となっている。

折りたたみ時の操作は片手でも無理なく行うことができる一方、QWERTYキーボードの表示も可能

独自のヒンジにより折りたたみ時の隙間を最小限にしている

カメラは4,800万画素のメインカメラ/2,000万画素のフロントカメラを搭載。メインカメラには4画素を1画素に結合するクアッドピクセルテクノロジーや、光学式手ブレ補正、レーザーオートフォーカスを採用し、光量が少ない環境でも鮮明かつ高速なオートフォーカスで写真が撮影できるとする。

また、ポートレートモード/ナイトビジョンモード/スポットカラーといった撮影機能を豊富に備えるほか、折りたたみ時ではセルフィーに最適となるよう配置されている。

ほか、カスタマイズ性の高いユーザーインターフェース「My UX」や、ジェスチャー機能「Motoアクション」など豊富な独自機能を搭載。OSは出荷時からAndroid 11となる。

独自のUIやジェスチャー機能なども搭載する

SoCはクアルコム「Snapdragon 765G」、RAMは8GB、内蔵ストレージは256GBを搭載。金属とガラスを組み合わせプレミアム感あるデザインに仕上げたというボディには指紋センサーも内蔵する。

金属とガラスを組み合わせて高級感を出したボディ

外形寸法は開いた状態で72.6W×169.2H×7.9Dmm、折りたたみ状態で72.6W×91.7H×16Dmm。質量は約192g。

関連記事