画面占有率約90%のディスプレイ採用

ファーウェイ、約1kgの13型ノートPC「MateBook X」。Ryzen 7 4800H採用の「MateBook 14」も

編集部:平山洸太
2020年11月17日
ファーウェイ・ジャパンは、ノートPC「MateBook X」「MateBook 14」を11月20日に発売する。価格はいずれもオープンだが、MateBook Xは154,800円(税抜)、MateBook 14は109,800円(税抜)での実売が予想される。

「MateBook X」(右)/「MateBook 14」(左)

MateBook Xは、重さ約1kg/厚さ約13.6mmの超軽量スリムデザインを採用する13型のノートPC。本体色には新たにシルバーフロストを採用。シルバーのベースにブルーのラメを配合することで、見る角度や光の加減で色合いが変化するという。

「MateBook X」

シルバーフロストを採用

パフォーマンス面では、CPUに第10世代インテル Core i5-10210Uを採用する。メモリは16GBで、ストレージは512GB PCIe SSD。ファンレス設計を採用し、静粛性や防塵性も追求した。

ディスプレイは画面占有率約90%のフルビューディスプレイとなり、視覚的ノイズが少ないことで、より没入感が得られるという。解像度はフルHDと比較して、約3倍高精細の3,000×2,000(278PPI)。最大輝度は400nit、コントラスト比は1,500:1、色域はsRGB 100%となる。タッチパネルに対応し、3本指でスワイプすることでスクリーンショットも撮影できる。

タッチパッドを一新し、クリックエリアを全面に拡張。これまではパッドの上部が押し込めなかったが、全てのエリアでクリックが行えるようになった。またHuawei Share NFCタグをタッチパッドに内蔵し、より使いやすくスッキリとした印象にしたという。

タッチパッドにHuawei Share NFCタグを内蔵

カメラはキーボードに内蔵する格納式。プライバシーやセキュリティを保てるほか、ポップアップすることでカメラが使えるようになるため、リモートワークでも準備ができてからカメラをオンにできるという。電源ボタン一体型として、指紋認証センサーも備える。

指紋認証センサーを電源ボタンに搭載

ウェブカメラは格納式

Wi-Fi 6に対応し、最大2,400Mbpsでの通信が可能。同社スマートフォンとの連携機能「マルチスクリーンコラボレーション」の速度も約80%高速化した。バッテリーは42Whとなり、ローカルビデオ再生で約9時間、オフィスワークで約9時間、ウェブ閲覧で約7.5時間の連続使用が行える。

側面端子部

4スピーカーにより、迫力のサウンドを追求。通話用のマイクにはデュアルマイクを採用する。インターフェースは、USB Type-C×2とヘッドホンジャックを搭載。付属のMateDock 2を使用することで、USB 3.0 Type-A、USB 3.1 Type-C、HDMI 2.0、VGA端子も利用できる。外形寸法は約284W×207D×13.6Dmmで、質量は約1.0kg。

MateBook 14は、パワフルなパフォーマンスを備えるという14インチモデル。CPUには、8コア16スレッドのAMD「Ryzen 7 4800H」を採用する。また、メモリは16GB、ストレージは512GB PCIe SSDとなる。

「MateBook 14」

AMD「Ryzen 7 4800H」を採用

冷却システムには「HUAWEI Shark Fin」を採用。ファン面積を29%向上、ファン回転数を49%増加、ファンブレードを40%薄くすることで、従来から放熱量を39%増加した。

冷却システムには「HUAWEI Shark Fin」を採用

2つの動作モードを搭載し、Fn+Pのコマンドで切り替えが可能。通常時や軽い作業用のスタンダードモード、CPU負荷のかかる作業用のパフォーマンスモードを用意する。

ディスプレイは画面占有率約90%のフルビューディスプレイとなり、解像度は2,160×1,440(185PPI)。最大輝度は300nit、コントラスト比は1,500:1となる。タッチパネルに対応し、3本指でスワイプすることでスクリーンショットも撮影できる。

こちらもタッチパッドを一新し、クリックエリアを全面に拡張。パッドの上部など、全てのエリアでクリックできるようになった。またHuawei Share NFCタグをタッチパッドに内蔵。電源ボタン一体型として、指紋認証センサーも備える。

オーディオ面では、バーチャル5.1chサラウンド出力や、ひずみ補正、4つのオーディオモード(コミュニケーション/映画/ミュージック/ゲーム)を搭載する。バッテリー容量は56Whとなり、ローカルビデオ再生で約10時間、オフィスワークで約10時間、ウェブ閲覧で約8.5時間の連続使用が行える。

56Whのバッテリーを搭載

インターフェースは、USB 3.2 Gen1 Type-A×2と、Type-C×1、HDMI、ヘッドホンジャックを搭載。付属のMateDock 2を使用することで、USB 3.0 Type-A、USB 3.1 Type-C、HDMI 2.0、VGA端子も利用できる。外形寸法は約308W×15.9H×224Dmmで、質量は約1.49kg。

側面端子部

シームレスAIライフを進化させる製品

同社は本日、オンライン上で発表会を開催。日本韓国リージョンプレジデントの楊涛(ヤンタオ)氏は、シームレスAIライフを進化させる製品として、Mateシリーズの2製品を紹介した。

日本韓国リージョンプレジデント 楊涛(ヤンタオ)氏

シームレスAIライフについて、「もはや単体のデバイスではすべてのニーズを満たすことはできなくなった。その代わりにマルチデバイスの連携を進めている」とのこと。今後5年から10年の間にスマートフォン/スマートウェアラブル/タブレット/PCを相互に連携させていくという。

合わせて、今年第2四半期の世界シェアも紹介。リストバンド型ウェアラブル製品で1位、スマートウォッチで2位、タブレットで3位を獲得したと説明する。

PCは前年同期比120%増加

また、完全ワイヤレスイヤホンの出荷量は「非常に好調」とし、前年同期比で50%伸長。PCについても、前年同期比で120%増加したとアピールした。

関連リンク

関連記事