パンチホール式カメラで画面占有率91%

TCL、26,800円で4眼カメラのスマートフォン「10 Lite」

編集部:平山洸太
2020年07月28日
FOXは、同社が取り扱うTCLのSIMフリースマートフォン「TCL 10 Lite」を8月3日に発売する。価格は26,800円(税込)で、アークティックホワイトとマリアナブルーの2色をラインナップ。

「TCL 10 Lite」

コストパフォーマンスを追求しつつも、AIクアッドカメラを搭載するスマートフォン。チップセットにはQualcomm「Snapdragon 665」を採用するほか、6GBのメモリ、128GBのストレージを搭載する。

6.53インチのディスプレイにはLTPS液晶を採用し、画素数は1,080×2,340ピクセル。SDRをHDR化して再生する機能を搭載するほか、色差1以下のΔEを実現し、「実際の色とディスプレイ上の色との間に知覚可能な差がない」とをアピールしている。

画面占有率91%を実現

また、ディスプレイはパンチホール式を採用することで、91%の画面占有率を実現。なお、フロントカメラは1,600万画素となり、F2.2のレンズを搭載する。

リアカメラはメインカメラ、広角カメラ、暗所用カメラ、マクロカメラの4眼構成を採用する。メインカメラは4800万画素のイメージセンサーを搭載しており、レンズはF1.8。画角は79度。AIによるリアルタイムボケ効果にも対応する。

背面イメージ

広角カメラの画角は118度で、レンズはF2.2を採用する。画素数は800万画素。また、暗所用カメラのレンズはF2.4で、センサーサイズは1/2.8、画素数は200万画素で、画角は79度となる。マイクロカメラでは2cmの接写が行なえ、画素数は200万画素で、レンズはF2.4。

ほかバッテリー容量は4,000mAhで、充電はUSB-C端子より行う。OSはAndroid 10を採用。3.5mmイヤホン出力端子や指紋認証も備える。外形寸法は162.2×75.6×8.4mmで、質量は180g。

関連リンク

関連記事