HDR対応有機ELディスプレイ搭載やハイレゾ対応も

ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone II」、11/22日本発売。12GB RAM/1TB ROM機は12万5500円

編集部:小野佳希
2019年11月20日
ASUSは、Snapdragon 855 Plusや12GB RAM、120Hz駆動/HDR対応の有機ELディスプレイや6000mAhバッテリーを搭載するなどしたゲーミングスマートフォン「ROG Phone II」の日本市場投入を発表。11月22日発売で、本日11月20日より予約受付を開始した。

ROG Phone II

価格はストレージ容量1TBで本体色マットブラックの「ZS660KL-BK1TR12」が125,500円(以下、価格はすべて税抜)、容量512GBで本体色ブラックグレアの「ZS660KL-BK512R12」が105,500円。「TwinView Dock II」(26,800円)、「ROG Kunai Core Gamepad」(8,980円)、「ROG Phone II Lighting Armor Case」(4,980円)、「ROG Phone Bag」(4,580円)といったアクセサリー4種も同時発売するほか、「TwinView Dock II」と「ROG Kunai Core Gamepad」を本体と同時購入すると14,000円オフになる「Game Changer Set」も数量限定で発売する。

TwinView Dock IIを使用したところ

海外発表されていたモデルの日本発売が決定。OSはAndroid 9 Pieで、ディスプレイには前モデルより大画面化した6.59インチ/解像度2,340×1,080(アスペクト比19.5対9)、120Hz駆動およびHDR 10対応、輝度600nitsの有機ELディスプレイを搭載している。なお、SDRコンテンツのHDRアップコンバート機能も備えている。

主なスペック。Wi-Fiは802.11ad対応によって「有線とほぼ変わらない体験が可能」だとアピールしている

また、タッチサンプリングレートは240Hzで、1秒間に240回のタッチ操作に対応。タッチ反応速度は49ms。タップ連打を要求されるようなゲームにも高いレベルで対応できるとしている。そのほか、色差デルタE1以下を実現し、DCI-P3を111.8%、NTSCを107.4%、sRGBを151.7%カバー。コントラスト比は50万対1。

オーディオ機能は192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応。3.5mmステレオミニ端子を備えるほか、2chのヘッドセットなどで7.1chサラウンドを実現できるDTS:X Ultra技術に対応している。こうしたディスプレイ性能やオーディオ性能を持つことから、Netflixの視聴などエンターテイメント用途にも適したモデルだとしている。

カメラにはZenFone 6が搭載しているものと同じ、4,800万画素のソニー製1/2インチIMX586イメージセンサーをメインカメラに搭載。125度の広い範囲を撮影できる1,300万画素の広角カメラと、2,400万画素のインカメラも搭載している。

カメラ部

CPUには64bitオクタコア/2.96GHz Snapdragon 855 Plus、GPUにAdreno 640を採用。従来のゲーミングスマートフォンではフレームレートが落ちてしまうような場面でも、高フレームレートでスムーズなゲーム画面を楽しむことができるとアピールしている。

12GBの超大容量メモリを搭載。初代ROG Phoneの8GBからさらに容量を増強した。これにより、多くの搭載メモリが必要な最新ゲームを快適に楽しめるだけでなく、ゲーム中にアプリを切り替えて攻略サイトなどを見ながらゲームを楽しみたい場合などに、メモリ不足によるアプリの中断を最小限に抑えることができるとしている。

ストレージ容量は前述のように1TBと512GBの2モデルを用意。データ転送速度が向上したUFS 3.0ストレージを搭載し、アプリの起動やデータの読み書きを高速で行えるようになった。

バッテリー容量も前モデルの4,000mAhから6,000mAhへと増強。他の端末へ給電することもできる。また、本体の下側と左側の2か所にUSB Type-Cポートを搭載しており、充電をしながらゲームをプレイする場合に、縦画面でプレイしても横画面でプレイしても、ケーブルを本体の下方向に出すことができる。

側面にもUSB端子を設けることで充電しながらのゲームプレイにも配慮

本体側面をゲームコントローラーのL/Rボタンのように使える超音波タッチセンサー「AirTrigger II」を搭載。新たにスライド操作や片方のみを有効にする設定が行えるようになった。

「AirTrigger」機能が“II”に進化

従来よりも性能を向上させた外付け冷却ファンユニット「AeroActive Cooler II」を付属。本体に装着することで発熱部の温度を約5度近く下げることができる。

外付けの冷却ユニットも性能向上

そもそもの発熱を抑える設計、うまく熱を逃がす排熱設計、そして外付け冷却ファンという3段構えの冷却システムで熱対策を行っている

また、通常はスマートフォンの本体にのみ搭載している充電用回路を、付属のUSB電源アダプター側にも搭載。これによって充電時の本体の発熱を最小限に抑え、充電をしながらゲームをプレイしたとしても従来よりも発熱を気にすることなく、より快適にゲームを楽しめるように配慮した。そのほか急速充電を行えるQuick Charge 4.0およびUSB Power Delivery 3.0(10V/3A)にも対応している。

ゲーム録画や配信を行える「Game Genie」機能も搭載。ゲームをmp4形式で録画したり、YouTubeやTwitchなどに配信したりできるほか、ゲームのフレームレートを表示したり、操作を記録再生するマクロ機能を使用したり、通知や着信をゲーム中に表示させない設定などを行える。

また、ROG Phone IIが独自に搭載している各種機能を一括管理できる「Armoury Crate」アプリも搭載。CPUクロックやCPU温度、メモリの使用量、ストレージの使用量といったハードウェア情報を表示、冷却ファンユニットのAeroActive Cooler IIのファンスピード設定や、超音波タッチセンサーのAirTrigger IIの設定を行ったり、背面の光るROGロゴの設定などができる。

端末の状況を確認したり各種設定を行うことが可能

本体をゲーム専用モードで動作させるXモードも引き続き搭載。Xモードをオンにすると、バックグラウンドメモリの開放を行い、冷却ファンユニットの動作スピードの調整や、本体をゲーム以外のアプリの動作やメモリ消費を抑えるモードで動作させるなどして、ROG Phone IIをゲーム専用モードに移行させる。

製品発表会に登壇したASUS JAPANの塩野拓也氏は、初代ROG Phoneを投入した昨年2018年は「日本のeスポーツ市場がより身近でよりリアルな存在になった一年だったように思う」とコメント。eスポーツ専門学校の登場、他業種からの参入などで、ゲームの世界が広がるとともに、ゲーム自体も複雑になって高度な処理を要求するコンテンツが増えていると説明する。

ASUS JAPAN 塩野氏

そして、「このようにeスポーツの環境が大きく変わっている状況があったためROG Phoneが市場に受け入れらた」とコメント。こうした好調な状況を受けて新モデルを日本市場に投入するのだとし、「ROG Phone IIも日本のゲーマーの方々に受け入れられる製品だ」とアピールした。

関連リンク

関連記事