電気自動車用のLG製セル採用

RAVPower、最大29W出力で10,000mAh、187gのモバイルバッテリー。限定15%OFF

編集部:平山洸太
2019年11月15日
サンバレージャパンは、最大29W出力に対応したRAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB186」を本日11月15日に発売する。カラーはブラックとホワイトの2色を用意。価格はオープンだが、4,300円前後での販売が想定される。

「RP-PB186」

またAmazonでは、ブラックが4,299円、ホワイトが4,399円(いずれも税込)で販売する(Amazon販売ページ ブラックホワイト)。11月17日23:59までは記念セールとして、クーポン「PB186GIZ」を入力することで、15%オフで購入することが可能。なお予定販売台数に達した場合、期限よりも前倒しで終了になる場合があるとしている。

ホワイトとブラックをラインナップする

端子としてUSB Type-CとUSB Type-Aの2ポートを搭載。最大29W出力のType-Cポートでは、独自技術「iSmartテクノロジー」をベースに急速充電規格「USB PowerDelibery」などを合わせた新技術を採用。またType-Aポートは最大出力18Wとなっており、独自技術「iSmart2.0」を採用することで、急速充電規格「Quick Charge 3.0」にも対応する。

使用イメージ

USB Type-CとUSB Type-Aを搭載する

バッテリー容量は10,000mAhで、セルにはLG化学製の円筒形リチウムイオン電池「21700」を採用。大容量と小型化を両立したモデルであるだけでなく、電気自動車用に製造されていることから、「信頼性の高い高品質なバッテリー」とアピールしている。

LG化学製の円筒形リチウムイオン電池「21700」を採用

本体サイズは約111×51×25mm、重さは約187g。急速充電に対応したUSB Type-Cケーブルが付属する。

関連記事