ギガホは30GB/月額6,980円

ドコモ、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」。割引適用で「最大4割の値下げ」

編集部:小野佳希
2019年04月15日
NTTドコモは、30GB/月額6,980円、かつデータ量超過後も最大1Mbpsで通信できる「ギガホ」、1GB/月額2,980円からの「ギガライト」などの新料金プランを6月1日から提供開始すると発表した。5月22日より受付を開始する。

家族がドコモ回線を利用していれば、両プランとも月額料金を回線ごとに最大月額1,000円割引する「みんなドコモ割」を自動適用。同割引を利用することで、「ギガホ」は5,980円、「ギガライト」は1,980円から利用できる。

ドコモでは、「ギガライト」での1MBまでの利用の場合、みんなドコモ割(3回線以上)が適用されると、現在の「ベーシックシェアパック」より約4割の値下げになると説明。「ギガホ」においても、「ウルトラデータLLパック」より3割の値下げになるとしている。

さらに、「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光」の契約が1回線でもあれば、「ファミリー割引」グループ内の全ての「ギガホ」「ギガライト」に対して、月額最大1,000円を割引する「ドコモ光セット割」が適用される。これにより、「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」により、一人あたり月額最大2,000円の割引が適用されることになる。

「ギガライト」では、利用したデータ量に応じた料金が段階的に適用となる。1GBまでで2,980円、3GBまでが3,980円、5GBまでで4,980円、7GBまでで5,980円という4つのステップで料金が変わる。

なお新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信をワンパッケージにした料金プラン。国内通話かけ放題の「かけ放題オプション」、1回あたり5分までの通話が無料となる「5分通話無料オプション」も提供する。

このほか、ひとりで2台利用する場合に、月額1,000円で「ギガホ」もしくは「ギガライト」のデータ量を利用できる「データプラス」、ドコモケータイ利用者は月額1,200円で利用できる「ケータイプラン」、キッズケータイユーザーには月額500円で利用できる「キッズケータイプラン」も提供する。

さらに、長期利用割引「ずっとドコモ特典」や、はじめてのスマートフォンをお使いになる方向けの「はじめてスマホ割」などの特典も提供する。

なお、今後の料金プランは「ギガホ」か「ギガライト」の2つから選ぶことになる。従来のプランや割引サービスについては、新プラン開始に伴い5月31日をもって新規申し込み受付を終了する。

関連リンク

関連記事