1本のケーブルで映像/USB信号の伝送・給電が可能に

EIZO、60WのUSB-C搭載の27型カラーマネジメントモニター「ColorEdge CS2731」

編集部:平山洸太
2019年04月05日
EIZOは、60W給電対応のUSB Type-Cを搭載した27型カラーマネージメントモニター「ColorEdge CS2731」を6月13日に発売する。価格はオープンだが、直販サイトでは139,320円(税込)で販売される。

「ColorEdge CS2731」

CS2730の後継機種とする、カラーマネージメントモニターのスタンダードモデル。USB Type-Cを搭載することで、MacBookなどの対応ノートPCであれば1本のケーブルで映像信号・USB信号の伝送を行うことができる。また同社ColorEdgeシリーズで初めて60W出力に対応。接続中のノートPCに対して給電を行うことができる。

アンチグレアで27型のIPSパネルを搭載しており、解像度は2,560×1,440、アスペクト比は16:9となっている。また輝度は350cd/m2で、コントラストは1000:1。色域はAdobe RGBカバー率99%で、バックライトには広色域LEDを搭載。ハードウェア・キャリブレーションに対応することで、専用センサーを使用した場合に正確な表示調整を行うこともできる。10bit入力にも対応する。

製造時に工場において、1台ごとRGB各色0-255の全ての階調で色や濃淡の出方を調整が行われる。理想のガンマ値になるように最も適した値を16bit LUTを使って選択し、表示階調に再割当て、これによりばらつきのない正確で滑らかなグラデーション表示を目指したとする。画面の色味や明るさのムラを抑え、均一表示を行う「デジタルユニフォミティ補正回路」も搭載する。

モニター画面と写真プリントの色合わせを簡単に行えるソフトウェア「Quick Color Match」にも対応するほか、USBハブを4ポート搭載。USB3.1×2、USB2.0×2を備える。そのほか入力端子として、USB Type-C、DisplayPort、HDMI、DVI-Dを各1系統ずつ搭載している。

背面端子部

外形寸法は638W×404.1-559.1H×265Dmmで、質量は約6.5kg。スタンドは155mmの昇降、上35度/下5度のチルト、344度のスイーベル、90度の縦回転に対応。モニターアームなどが取り付けできるVESA規格の取り付け穴も備える。

関連記事