ディスプレイは0.95インチ

ファーウェイ、カラー有機ELを搭載したスマートバンド「HUAWEI Band 3」。約6,000円

編集部:平山洸太
2019年03月20日
ファーウェイ・ジャパンは、スマートバンド「HUAWEI Band 3」を3月29日に発売する。カラーはパールブラック、コーラルオレンジ、オーロラブルーの3色がラインナップ。想定価格は6,100円前後となる。

HUAWEI Band 3

従来モデル「HUAWEI Band 2」から、より使いやすくスタイリッシュに、さらにバージョンアップした機能を搭載したとするモデル。

ディスプレイには0.95インチ・240×120ピクセルのカラー有機ELを搭載。新たにカラー化された。ディスプレイはタッチ式で、加えてタッチセンサーも搭載する。

心拍計測機能「TurSeen 3.0」を搭載。スマートフォン上で設定することで、ランニング中の連続した心拍数計測にも対応。またFirstBeatシステムによりユーザーのランニングスタイルを解析することで、消費カロリーや運動強度の計測・表示もできる。これにより、オリジナルのトレーニングメニュー作成、運動終了後のVO2max表示により有酸素運動の能力を測ることも可能。なおGPSは本体に搭載されておらず、スマートフォン上のGPSを利用する仕様となる。

そのほか睡眠トラッキング機能「TruSleep 2.0」に対応する。これはハーバードメディカルスクールCDBセンターで検証されたという技術。睡眠を計測することで、睡眠時間、深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠の割合、深い睡眠の連続性など、睡眠の質の解析を行うこともできる。また200件以上のアドバイスの中から、ユーザーに最適なアドバイスを提示、睡眠の調整・改善をサポートする機能も搭載する。

マルチスポーツ対応となっており、ランニング、ウォーキング、サイクリング、水泳などの7つのスポーツモードを搭載。加えてスマートフォンに「Huawei Health」アプリをインストール・連携することで、ランニングコースの距離、スピードやペースなどの計測も可能となる。

本体は5気圧防水の仕様となっており、また6軸センサーを搭載することで水泳中の使用にも対応。水泳姿勢を計測し、ターン数、距離、ストローク数、消費カロリー、平均SWOLFといった情報を取得することもできる。

またメールやSNSなど、スマートフォンの通知を知らせる「スマート通知」や、スマートフォンのスピーカーを最大音量で鳴らして探索する機能も搭載する。またEMUI8.1以上の同社スマートフォンであれば、写真のリモート撮影機能を使用することも可能。

連続使用時間は、通常使用で約10日。Bluetoothには4.2 BLEを採用する。外形寸法は約19W×45H×11Dmmで、質量は約24g(ベルト含む)。またケース素材は強化プラスチック製となっている。

関連記事