2年間の無償取り替えにも対応

「Amazon Fire HD 8」に約1.5万円のキッズモデル。子ども向けコンテンツ揃える「FreeTime Unlimited」も

編集部:押野 由宇
2019年03月07日
Amazonは、キッズ向けの新タブレット「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」を発表した。価格は14,980円(税込)で、予約は本日3月7日より開始、出荷は3月19日からを予定している。

「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」

本体はFire HD 8の32GBモデルをベースとしており、ハードウェアとしては8インチHDディスプレイやmicroSDカードでの最大400GBまでの外部ストレージ対応、最長10時間のバッテリー持続などの性能を踏襲。

「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」

そのうえで、児童書や知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど3〜12歳を対象とした数千点のコンテンツを楽しめるサブスクリプションサービス「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題で利用できるのが特徴だ。同サービスについては後述する。

タブレットには保護者用として1人分、そして子ども用として最大4人分のプロフィールが設定でき、それぞれ異なる設定で利用可能。また、みまもり設定(ペアレンタルコントロール)を搭載し、保護者の許可なくソーシャルメディアやウェブ、アプリ内課金にアクセスすることを事前に制限できる。

さらに耐久性に優れた保護カバーをブルーとピンクの2色から選択できるほか、適用条件はあるものの、破損・故障に対して2年間の無償取り替えに対応するなど、より子どもが安心して利用できるよう配慮された。

高耐久性の保護カバーが標準で付属する

保護カバーはブルーとピンクから選べる

子どもも親も安心して使える仕様に

先行して実施されたメディア向け製品説明会では、アマゾンジャパンのAmazonデバイス事業本部 清水文弥氏が、Fire HD 8 キッズモデルは「子どもを年頭に開発したモデル。親にも子どもにも安心して使っていただける」と説明。さらに保護者からの要望の声が大きかった製品であると述べた。

今回、子ども向けモデルの肝となるFireタブレット用の無料アプリ「FreeTime」がゼロから開発された。上述のプロフィール制限やペアレンタルコントロールは同アプリにより実現しているもので、Fire HD 8 キッズモデルにおいてはバンドルされているため、起動時点から通常とは異なる子ども向け画面からスタートする。

設定が変更できる保護者のアカウントに移動するにはPINコードの入力が必要

ペアレンタルコントロールでは利用時間の制限や、「30分本を読む」といった目標をクリアするまでエンターテインメント系コンテンツの表示を制限する学習タイム設定、利用時間など細かい項目が用意されている。また年齢フィルターを用意することで、成長に合わせて表示できるコンテンツを随時変更していくことができる。

利用時間など細かく設定が行える

こうした設定について、Amazonキッズ・ファミリー関連事業 総括責任者カート・バイドラー氏は「デジタル環境は、親が子どもだった時代にはまだ現代ほど整っていなかったため、何が適切かの判断が難しい。FreeTimeを利用することで、FreeTimeが推奨するコンテンツの表示といった設定が行える」ことをメリットとして挙げた。

設定により年齢に合わせた推奨コンテンツが表示されるようになる

なお、FreeTimeアプリは3月19日より2015年9月以降発売のFireシリーズでもソフトウェアアップデートにより利用可能になる。

「FreeTime」アプリは2015年9月以降発売のFireシリーズでも利用可能

そして新しくスタートする「FreeTime Unlimited」は、児童書、知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど様々なコンテンツが利用できるオールインワンタイプのサブスクリプションサービス。ベネッセコーポレーションやNHKエンタープライズ、講談社、小学館、岩波書店、学研プラスなどと提携し、子どもが読みたい、見たい、楽しみたいと思えるコンテンツを揃えたとする。

用意される子ども向けコンテンツは数千点におよび、なかには、Amazonで先行独占配信を予定するこどもちゃれんじ監修の『しまじろうの知育アプリ』など、人気キャラクターが登場するものも含まれている。

『しまじろう』など人気キャラクターが登場するコンテンツも用意

また清水氏は「アメリカなどで先行して展開しているので、日本においてはディズニーやセサミストリートなどの英語学習用アプリなど、英語コンテンツの資産を活用できる。2020年から本格化する小学校の英語教育に対しても役立てていただける」と、英語の児童書やビデオといったコンテンツにの充実についても自信を見せた。

同サービスはプライム会員であれば月額480円、一般会員では月額980円で利用可能。Fire HD 8 キッズモデルには1年間の利用権が付与され、期間終了後は月額有料期間へと自動移行される。

カート氏は子ども向けモデルの開発経緯の説明にあたり「Fireタブレットは家族に適したタブレットだったが、子どもが親とは別のデジタル環境を持つことは、親にも子どもにもメリットがある。けれど、そのためにはお金がかかることは悩みのタネだった」とコメント。

Fire HD 8 キッズモデルは通常のFire HD 8よりも購入時の金額こそ高いものの、FreeTime Unlimitedの1年利用権、アクセサリーとして販売される保護カバーを標準で付属、そして2年間の無償取り替えに対応することから、実際には価格差以上にお得な設定であることもアピールされた。

2年間の無償取り替えなど子どもが使用することで起きうるトラブルを想定した設定に

関連記事