5,000mAhの大容量バッテリーを搭載

ASUS、モバイルバッテリーとしても使えるSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro」

編集部:小野佳希
2018年12月19日
ASUS JAPANは、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、他機器に対するモバイルバッテリーとしても利用できるDSDV対応6.0型SIMフリースマートフォン「ZenFone Max Pro(M1)(ZB602KL)」を12月21日より発売する。

「ZenFone Max Pro」

ディープシーブラック、スペースブルー、メテオシルバーの3色をラインナップし、価格は29,800円。また、1万円台で購入できる5.5型SIMフリースマートフォン「ZenFone Live(L1)(ZA550KL)」の発売(オンラインストア価格:税抜16,800円)が、同日の12月21日に決定したこともあわせて発表した。

左からディープシーブラック、スペースブルー、メテオシルバー

上記のように5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、4G接続時の連続待ち受け時間は最長35日間、連続通話時間では最長41時間のバッテリー駆動時間を実現。Wi-Fi接続時のWebブラウジングでも最長28時間の連続使用が可能。また、本製品をモバイルバッテリー代わりにして、別の機器を充電する機能も搭載している。

解像度2,160×1,080の6.0型ワイドディスプレイを搭載。上下のフレームを極限まで狭くし、さらに左右をほぼフレームレスにすることで、従来製品の5.5型サイズとほぼ同じ、約76W×159Hmmのコンパクトな本体サイズを実現している。さらに、大容量バッテリーを搭載しながらも約8.4mmの薄さと約180gの軽さも実現している。

DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)および、マルチキャリア(docomo、au、Y!mobile VoLTE)にも対応。2枚のSIMを挿して4G通信の同時待ち受けが行える。

アウトカメラは、1,600万画素のメインカメラと500万画素の深度測定用カメラのデュアルカメラ構成。深度測定用カメラが撮影範囲内の各対象の距離を計測することで、近くにある人物や物に対して背景だけを綺麗にぼかした写真を撮影することができるという。ぼかし具合も簡単に調節でき、一眼レフカメラで撮影したかのような写真を誰にでも撮ることが可能だとしている。

そのほかカメラ機能では美人エフェクトモードも搭載しており、顔の輪郭や肌の色を補正して撮ることもできる。また、動画撮影では4K解像度に対応している。

OSはAndroid 8.1で、プロセッサーにはQualcomm Snapdragon 636を搭載。メインメモリ容量は3GBで、ストレージ容量が32GB。最大2TBの容量に対応するmicroSDカードが使用できる。そのほか指紋認証と顔認証の両方に対応している。

関連記事