クアッドカメラ搭載機も

ASUS、4K撮影も対応のデュアルレンズスマホ「ZenFone 5」シリーズ。AI活用で性能向上

編集部:風間雄介
2018年05月15日
ASUS JAPAN(株)は、スマートフォン「ZenFone 5」シリーズを発表した。5月18日より順次発売する。

・「ZenFone 5」(ZE620KL)¥52,800(税抜)
・「ZenFone 5Z」(ZS620KL)¥69,800(税抜)
・「ZenFone 5Q」(ZE620KL)¥39,800(税抜)

ZenFone 5とZenFone 5Zは、ともに6.2型のSuper IPS+液晶を搭載。またプロセッサーはZenFone 5がSnapdragon 636、ZenFone 5ZがSnapdragon 845となる。

ZenFone 5

ZenFone 5Z

さらにZenFone 5は最大約15%性能をアップさせる「AIブースト」機能、6GBメモリなどを搭載している。

2つのSIMスロットで同時に高速なVoLTEを利用できるDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。ドコモ、ワイモバイル、auの3キャリアのVoLTEに対応している。

背面カメラは、通常の画角のカメラと120度の広角セカンドカメラとのデュアルレンズ構成。ポートレートモードなども備え、写真のぼけ具合を調整できる。通常画角のカメラはF値は1.8で、センサーにはソニー製の1/2.55インチIMX363センサーを搭載した。そのほか「Proモード」やRAW形式のサポート、4Kでの動画撮影にも対応している。

さらにカメラ機能では、ビックデータの解析をもとにしたAIアルゴリズムによって対象を判別し、最適な画像に仕上げてくれるスマートなカメラ機能「AIシーン分析」を装備。プリセットされた16のシーンを自動判別し、オートモードでの撮影時被写体に最適な撮影を行う。

安価ながらクアッドカメラ搭載のZenFone 5Q

ZenFone 5Qは、超薄型かつ小型のボディを搭載。3色のメタルユニボディで、薄さは約7.7mm。

ZenFone 5Q

特徴は前面と背面に2つずつのカメラ、計4つのクアッドカメラを搭載したこと。前面には2,000万画素のメインカメラを搭載し、高画質な自撮り撮影が可能。また前面と背面には、ともに800万画素の広角カメラを備え、ワンタッチで簡単に切り替えられる。

液晶画面は6型で、解像度はフルHD+、画面アスペクト比は18対9。プロセッサーはSnapdragon 630、メモリーは4GB。DSDSんも対応している。

関連リンク

関連記事