同サイズ/電池容量で最軽量

ソフトバンク、AQUOS初の有機ELスマホ「AQUOS zero」を発売

編集部:風間雄介
2018年10月11日
ソフトバンクは、シャープのスマートフォン最上位機「AQUOS zero」(関連ニュース)を取り扱うと発表した。発売時期は12月上旬以降を予定する。

シャープ「AQUOS zero」

スマートフォン “AQUOS” シリーズとして初めて有機ELディスプレイを搭載したモデル。有機ELディスプレイは自社製だ。

画面サイズは約6.2インチ、カイぞどはWQHD+(2,992×1,440)。100万:1の高コントラストと、DCI-P3規格100%の広色域を実現している。さらにAQUOSシリーズで培われた高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」による滑らかな階調表現、豊かなな色域により、リアルで色鮮やかな映像を映し出すとしている。

ドルビービジョン、ドルビーアトモスに対応しており、ステレオスピーカーの音質を高めたことも特徴。なお、イヤホンジャックは非搭載だ。

本体側面にはマグネシウム合金、背面には軽量で強度の高いアラミド繊維を採用。これらの工夫により、画面サイズ6インチ以上、電池容量3,000mAh超のスマートフォンとして世界最軽量となる約146gを実現した。

CPU/SoCにはSnapdragon 845を搭載。オクタコアCPUで、ハイパフォーマンスと省エネ性能を実現し、高い処理能力が求められるゲームなども快適に動作するとしている。ROMは128GB、RAMは6GBと、AQUOS史上最大となるメモリを搭載した。

またAQUOS初となるパラレル充電も特徴。2つの充電ICで発熱源を分散することで、充電時の発熱を抑えることができ、充電しながらでもゲームや動画が楽しめる。

関連記事