ドルビーアトモスにも引き続き対応

レノボ、 小型軽量化した10.1型Androidタブレット「Lenovo Tab P10」

編集部:川田菜月
2018年09月26日
レノボ・ジャパンは、Android 8.1搭載の10.1型タブレット「Lenovo Tab P10」を本日9月26日から発売する。価格はWi-Fiモデルが34,800円(税抜)、LTEモデルが37,800円(税抜)からとなる。

「Lenovo Tab P10」

「Lenovo Tab P10」は、OSにAndroid 8.1、CPUにQualcomm Snapdragon450 オクタコア プロセッサー(1.80GHz)を搭載する10.1型タブレット。従来モデル「Lenovo Tab4 10 Plus」の後継機にあたり、さらなる軽量/コンパクト化を図っている。

ディスプレイはマルチタッチ対応のIPS液晶パネルを搭載、解像度はフルHD(1,920×1,200)。前面/背面にはAF(Anti-Fingerprint)コーティングを施したガラス素材を採用しており、指紋汚れなども付きにくく、拭き取りやすいとのこと。本体側面はダイヤモンドカットの縁取りを施したアルミニウム製曲面フレームを採用する。

4つのフロントスピーカーを搭載。ドルビーアトモス対応で臨場感あふれるサウンド体験が可能としている。カメラは800万画素のメインカメラ、500万画素のインカメラを備える。

複数人でシェアして使用できるマルチユーザーに対応。個別の設定、壁紙、SNSを使って、各アカウントにアクセスできる。また指紋認証機能を備えており、ログインやユーザー切り替えも容易に行えるとのこと。

容量7000mAhのリチウムイオンポリマーバッテリーを内蔵し、約10時間の連続駆動が可能。BluetoothはVer.4.2、Wi-Fiは802.11ac/a/b/g/nを搭載する。

LTEモデルはCat.6のキャリア・アグリゲーションにより、受信時最大300Mbps/送信時最大50Mbpsと安定した高速通信を実現するとしている。

ソフトウェア面では、DrawerレイアウトとTileレイアウトから選択できるアイコンパターン、長い画面でも一度にキャプチャできるスクローリングスクリーンショットなどの機能を備える。

レノボ独自の「キッズモード 2.0」では、タブレット使用状況を把握できるペアレンタルコントロールや音声検索機能、ブルーライトの低減などが可能。

メモリーは3GB、ストレージは32GB(フラッシュメモリ)。両モデルともUSB 2.0 Type-C(OTG機能付)、microSDスロット(最大256GBまで対応)、スマートコネクタ、マイク/ヘッドホンジャックを装備。LTEモデルではNano SIMカードスロットも備える。外形寸法は約242W×167H×7Dmm、質量は約440g。

関連記事