画面サイズは30%以上拡大

「Apple Watch Series 4」登場。40/44mmに大型化、64bitプロセッサー搭載、心電図も

編集部:風間雄介
2018年09月13日
アップルは、スマートウォッチ「Apple Watch」の新モデル「Apple Watch Series 4」を発表した。筐体は大型化し、これまでは38mm/42mmモデルがラインナップされていたが、新たに40mmモデルと44mmモデルの2機種がラインナップされる。

「Apple Watch」Series 4

デジタルクラウンのデザインも変わった

日本では9月14日に予約開始、9月21日に発売する。

価格はアルミニウムケースのGPSモデルが45,800円から、GPS+Cellularモデルが56,800円から。

またステンレススチールケースモデルはGPS+Cellularモデルが74,800円から(いずれも税抜)となっている。なお、これまでのSeries 3は31,800円で販売される(すべて税抜)。

アルミモデルのカラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ。またステンレスモデルにも、通常のステンレススチールケースとスペースブラックステンレスモデルに加えてゴールドステンレスモデルが加わる。

これも新たなWatch Face

Watch Faceにも、砂や霧が動くものなど、全く新たなデザインのものが加わる

Series 4では画面が大型化し、40mmモデル、44mmモデル共に、画面がこれまでのものと比べて30%以上大型化した。同時に電力効率を向上させるLTPOという新しいディスプレイ技術を採用し、省電力化を図っている。

画面は30%以上大きくなった

センサーを変更。心電図の測定も可能になった

また、これまでのバンドも使用可能となっている。ほかにNIKEやエルメスとのコラボモデルも引き続き用意される。

Watch Faceも大型化し、画面の四隅にも効果的に情報を表示することが可能になった。画面の大型化にともない、最大8つのコンプリケーションを設定できるようになった。また、煙が背景で動くような新しいスタイルの画面も実現した。

画面が大きくなったことでコンプリケーションを最大8つ設定可能になった

情報量が増し、一目で見たい情報が得られる

筐体背面のデザインも変更し、センサー位置も変更した。心拍センサーは2つ搭載している。これまでのように心拍数が高いときだけでなく、心拍数が基準値を10分間下回ると、心拍数が低いことを通知するという。

また新たに、米国モデルでは心電図を測定することも可能となった。測定には30秒ほど必要となる。ただし、日本語ページには記載されていない。

内部には64bitのS4プロセッサーを搭載。これまでの2倍以上高速なデバイスとなる。ジャイロスコープの精度も高め、ダイナミックレンジをこれまでの2倍にした。

ジャイロスコープの機能が進化したことで、装着者が転んだり、落ちたりなどの動作も正確に認識。危険を察知するとSOSを発信することができる。

さらにSiriも進化。手首を上げるだけでSiriがスタンバイ状態になり、「ヘイSiri」と言わなくても、タイマーセットや楽曲操作、ワークアウトの開始などを声で指示できる。

なお、本体は50mの耐水機能を装備。着けたまま水中のワークアウトを行うこともできる。

GPS+Cellularモデルは単体で通信できるので、iPhoneがなくても通話やトランシーバーでの会話、メッセージの送受信、Siriの利用、Apple Musicのストリーミングが可能。またNFCを使って、Apple WatchでSuicaを使って買い物をしたり、電車に乗ることもできる。

Apple Payで決済することも可能だ

Bluetoothのバージョンは5.0。バッテリー持続時間は18時間で、同社は1日中使えると説明している。

関連記事