Android9.0に対応

Android開発者がつくった「Essential Phone」、楽天モバイルとIIJで取扱開始

編集部:平山洸太
2018年09月11日
Essential Product社の発売するスマートフォン「Essential Phone」が、楽天(株)の『楽天モバイル』と、(株)インターネットイニシアティブの『IIJmioサプライサービス』において取扱開始される。

「Essential Phone」

楽天モバイルでは、本日9月11日から直販サイトにて受付を開始しており、一部店舗では9月15日より受付を開始する。価格は、新規・機種変更ともに一括払いで49,800円(税抜)、直販サイトでの機種変更のみ44,820円(税抜)となる。また、発売キャンペーンとして、オンラインで新規契約・購入すると、ポケットサイズのEssentialロゴ入りノートブック(モレスキン社製/非売品)が先着60名にプレゼントされる。キャンペーン期間は、9月11日10時〜なくなり次第終了。

IIJmioサプライサービスでは、同じく本日9月11日から直販サイトにて販売を開始。一回払いは46,000円(税抜)、専用の360度カメラとのセットも用意され、こちらは一回払いで54,640円(税抜)となる。また、販売を記念し、Amazonギフト券のプレゼントや、抽選で専用クリアケースが当たる「Essential 発売記念キャンペーン」を2018年10月3日まで実施する。

360度カメラ

Essential Product社はAndroidの開発者であるアンディ・ルービン氏が創業した企業(関連ニュース)。同社の製品は、日本の通信会社ではこれまで扱われていなかった。

本機は、最新のAndroid9.0(出荷時はAndroid7.0/アップデートで対応)に対応した、メーカー独自アプリを最小限としている“ピュアアンドロイド”を謳った端末。CPUにはSnapDragon 835を搭載し、メモリ4GB、ストレージ128GBを備えた。

デザインには、メーカーロゴはつけず、チタンで作られたフレーム、セラミックが採用された凹凸のないシームレスな背面のデザインを採用した。

ディスプレーは、5.7インチでQHD(2,560×1,312)のベゼルレス仕様となっており、ノッチ(切り欠き)は最小限に抑えた。これにより、ゲームや動画を大画面で楽しむことができるという。

メインカメラには1,300万画素のカラーセンサーとモノクロセンサーを搭載した、デュアルカメラを採用。2つのレンズで光を取り込むことで、薄暗い場所でも美しい写真を撮影できるとする。また、インカメラは800万画素となる。

外形寸法は、71.1W×141.5H×7.8Dmmで、質量は約185g。バッテリー容量は3,040mAhで、SIMサイズはnano SIM、外部接続端子にUSB Type-Cを採用する。

関連記事