初代Apple Watchには対応せず

アクティビティやSiriなど強化の「watchOS 5」今秋提供。「ヘイSiri」も不要に

編集部:風間雄介
2018年06月05日
米Appleは、開発者向けのカンファレンス「WWDC」において、Apple Watch向けの新OS「watchOS 5」を発表した。今秋提供を開始する。

watchOS 5は、Apple Watch Series 1/2/3 に対応している。第一世代のApple Watchにはインストールできない。またiOS 12以上を搭載したiPhone 5s以降のiOSデバイスも必要となる。

watchOS 5ではアクティビティ機能を強化。よりモチベーションを高めるため、友人と7日間のアクティビティ競争を行うことも可能になる。競争しているあいだは、どちらが勝っているか負けているかがアラートで表示される。

友人と7日間のアクティビティ競争を行うことも可能に

またワークアウト機能も進化させる。Apple Watchに搭載されたセンサーによって、自動的にワークアウトを開始したことを認識。ワークアウトアプリを起動するかどうか確認する機能を新搭載する。

さらにランニング機能も強化し、目標のペースを設定すると、実際のペースと目標との差をアラートする機能を追加。また歩数も認識することができ、1分あたりの歩数(SPM)を表示する機能も搭載する。

またwatchOS 5ではPodcast機能も追加される。自動的にエピソードが同期され、すぐに聴き始めることが可能。またSiriを使ってエピソードを検索したり、ストリーミングしたりすることもできる。

お気に入りのPodcastが自動的に同期される

そのほか、Siriも強化。状況や文脈に応じたサジェストがより高精度に行えるようになった。またApple Watchを装着した手首を上げるだけでSiriの待機状態になり、「ヘイSiri」と言わなくても声で指示できるようになる。

さらに通知機能も進化し、複数の通知をまとめてチェックすることが可能になるという。

関連記事