AV機能も拡充

「iOS 11」無償提供開始。ARやカメラ強化、iPad向け機能を大幅増強

編集部:風間雄介
2017年09月20日
アップルは、iOS 11の無償提供を本日9月20日に開始した。

対応OSは、iPhoneがiPhone X/8/8 Plus、7/7 Plus、6s/6s Plus、6/6Plus、SE、5s。iPadが12.9インチiPad Pro(第1/第2世代)、10.5インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第5世代)iPad mini 4/3/2。さらにiPod touch 第6世代も対応する。

iOS 11ではAR機能を強化。AR Kitを利用することで、アプリへかんたんにAR機能を取り込むことが可能になった。

AR機能を強化

またカメラでは、標準のカメラアプリでQRコードの読み取りが可能に。カメラのフレーム内のQRコードを自動的に検知し、関連サイトやアプリをすぐに開くことができる。

標準のカメラアプリでQRコードの読み取りが可能に

“動く写真”Live Photosも強化。ループさせたり、逆再生したり、長時間露光することができるようになった。なおカメラ機能では静止画に「HEIF」、動画に「HEVC」といったコーデックが採用され、容量に余裕を持って撮影が行えるようになった。

コントロールセンターはひとつの画面に統合、各種設定やボリューム/明るさなどのスライド調整インターフェースが変更され、より直感的に使いやすくなった。

新たに一画面に統合されたコントロールセンター

音声アシスタント機能「Siri」も進化。より自然な、新しい声で話すようになるほか、アプリとの連携も強化した。さらに、ユーザーの行動を学習し、予測することで、Siriに依頼する前に提案することも可能になった。

Siriがさらに賢くなる

Apple Musicでは、ユーザーが自分のプロフィールを持ち、友人がシェアしたプレイリストを聞いたり、友人のよく聴くアルバムをチェックするなどといったソーシャル機能が充実する。

また、App Storeも完全にリデザインする。毎日異なるアプリをリコメンドするほか、ゲームとそれ以外のアプリを分離するなど、これまでとはまったく異なるデザインになる。

そのほかAV機能では、「AirPlay 2」によりマルチルーム再生に対応するほか、オーディオではFLACフォーマットもネイティブサポートする。

「AirPlay 2」によりマルチルーム再生に対応

iPad向け機能を大幅強化

iPad向けに、macOSのようなDockを追加する。どの画面からでもDockにアクセスでき、スワイプでアプリを瞬時に切り替えられる。さらに、アプリアイコンをドラッグ&ドロップすることで2画面表示も行える。

Dock機能でiPadの使い勝手が大きく高まる

なお、このDockは作業状態によって変化し、最近使ったアプリや最後に使ったアプリなどをサジェストする。

またiPadでは、ドラッグ&ドロップに対応。たとえば写真アプリとメールアプリを同時に立ち上げ、気に入った写真をドラッグ&ドロップでメール本文に挿入する、などといった使い方が可能になる。

iPadでは、新たにファイルUIを強化。ファイルアプリケーションですべてのファイルを閲覧・検索・整理できる。またiCloud DriveだけでなくBoxやDropboxなど他社製クラウドサービスとも連携する。

さらにiPad Proでは、Apple Pencilとの連携を強化。Apple Pencilでロック画面をタップするだけで、すぐにメモを取り始められる機能などが追加される。

関連リンク

関連記事