Android 7.1搭載/10.1型と8型の2モデル

NEC、アトモス対応タブレット「LAVIE Tab Eシリーズ」に機能強化した新モデル

編集部:小野佳希
2017年08月01日
NECは、ドルビーアトモス対応スピーカーを搭載するタブレット「LAVIE Tab Eシリーズ」に、最新OSのAndroid 7.1を搭載するなどで機能強化した新モデル2機種を8月3日より発売する。

LAVIE Tab Eシリーズ TE510/HAW

10.1型と8型の2モデルをラインナップし、10.1型/WUXGA(1,920x1,200)解像度の「TE510/HAW」が36,800円前後、8型/WXGA(1,280x800)解像度の「TE508/HAW」が23,800円前後での実売が予想される。なおWi-Fiモデルのみの展開となり、LTEモデルの用意はない。

LAVIE Tab Eシリーズ TE508/HAW

従来機から引き続きドルビーアトモスに対応。高性能CPU及び大容量メモリー、アトモス対応前面ステレオスピーカーによっって、高画質・高音質の動画などを快適に楽しむことができるとしている。

2モデルともにAndroid 7.1を採用しストレージ容量は16GB。10.1型モデルはプロセッサーにAPQ8053 2.0GHz(8コア)を採用し、メモリが3GB。8型モデルはプロセッサーがAPQ8017 1.40 GHz(4コア)で、メモリが2GB。

マルチウインドウ操作への対応など、使い勝手のさらなる向上も図った。また、子供のインターネットやアプリ利用をコントロールする機能などを備えた「まもるゾウ2for NEC」、様々なパスワードをシンプルに管理できる「パスワードマネージャー」など、セキュリティー機能をシンプルで簡単な操作で提供するというアプリを両モデルともにプリインストールしている。

10.1型モデルは、背面に耐久性に優れたGorilla Glass 4を採用し、本体強度を保ちつつ7.2mmの薄型デザインを実現。指紋認証機能も備えるほか、さらに充電機能と外部インタフェースが兼ねられるUSB Type-Cを搭載するなど、最新機能を搭載している。

8型モデルは、左右の狭額縁化によって片手でも持ちやすいスリムデザインを採用してより機動性を高め、「いつでもどこでも最新のサービスや情報を高性能でコンパクトなボディで楽しめる」としている。

【問い合わせ先】
NEC 121コンタクトセンター
TEL/0120-977-121(コール後「3」窓口を選択)
TEL/03-6670-6000

関連リンク

関連記事