V6やX21、May J.のタイトルも発売予定

エイベックス、音楽CD購入でVR映像が楽しめる「スマプラVR」3月15日開始

編集部:伊藤 麻衣
2017年02月02日
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ(株)は、音楽CDを購入すると、アーティストのVR映像が楽しめるサービス「スマプラVR」を3月15日から開始する。


「スマプラVR」は、VRコンテンツをダウンロードしたスマートフォンを、付属のビューアー(視聴機)にセットすることで、VRの世界を体感できるサービス。360度映像はもちろん、視差付VRも搭載。視差付VRでは、裸眼でスマートフォンを見ると同様の映像が2分割された画面に見え、ビューアーを通してみると奥行きと没入感に浸れるような“そこに自分が存在する”感覚が味わえるという。

360度映像や、視差付VRコンテンツを観ることができる


X21と原駅ステージAのVR映像撮影時の様子
同サービスを搭載したパッケージ商品は、3月15日から順次発売を予定。V6やMay.Jといった有名アーティストの作品を用意している。現時点でのスケジュールは次の通り。

3月15日(水)
・『Can't Get Enough / ハナヒラケ』 V6
 ※スマプラVR搭載はセブンネット限定盤のみ
・『Beautiful X』 X21

3月22日(水)
・『キャノンボール』 原駅ステージ A

3月29日(水)
・『Best Of Duets』 May J.

関連記事