4月上旬から無償提供

アップル、iOSアプリ「Clips」。話しかけるだけで字幕付き動画が作れる

編集部:風間雄介
2017年03月21日
アップルは、iOSアプリ「Clips」を4月上旬に無償提供開始する。対応デバイスはiPhone 5s以降、新しい9.7インチiPad、iPad AirおよびiPad Proの全モデル、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)。対応するiOSは10.3以降。

iOSアプリ「Clips」

手持ちのビデオクリップや写真、音楽を組み合わせて、手軽に動画を作ることができるアプリ。自分の声で話しかけるだけで字幕やタイトルのアニメを作る「Live Titles」機能も備えている。ユーザーが話す言葉が自動的に字幕になり、「話すスピードとぴったり合ったタイミングで画面に表示される」という。

また、ボタンを長押しすることでコミック風のフィルタや吹き出し、図形などのエフェクトも付けられる。

さらに作成した動画は、Instagram、Facebook、YouTube、Vimeoなどに直接アップロードできる。

関連リンク

関連記事