HOME > ニュース > デジオン、Windows 10対応の宅外視聴/DTCP-IP対応アプリ「DiXiM Play」

月額課金制。価格は200円/月

デジオン、Windows 10対応の宅外視聴/DTCP-IP対応アプリ「DiXiM Play」

2015/07/28 編集部:風間雄介
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)デジオンは、最新のWindows 10にも対応した、Windows向けのネットワークプレーヤーアプリ「DiXiM Play Windows ストア アプリ版」を8月1日に発売する。

DiXiM Playのロゴマーク

DiXiM Playのホーム画面

同社アプリとして初めて、月額定額課金制を採用した。アプリはWindows Storeからインストールし、アプリ利用のライセンス購入は、デジオン独自の「DiXIM Store」にて行う仕組み。利用料金は月額200円(税抜)。なお、本アプリの速攻レビューを別項でお届けする。

同社はこれまで、「DiXiM Digital TV」シリーズでネットワークプレーヤーアプリを展開してきた。iOS、Android、Windows PC向けが用意されていたが、Windows用はCATV STBやスカパー! STBなどの録画番組/ライブチューナー視聴に非対応など、機能面でiOS/Androidに遅れを取っていた。今回の新アプリ投入では、Windows 10というタイミングにあわせ、iOS/Android版にもない機能を加え、一気に機能強化を図った。

対応OSはWindows 10 Home 日本語版/Windows10 Pro 日本語版(各32bit/64bit)、Windows 8.1日本語版、Windows 8.1 Pro 日本語版(各32bit/64bit)。

またCPUの動作用件はIntel Core i3 2.0GHz以上、Pentium 3xxxおよびG3xxx以上、Celeron 2xxxおよびG18xx以上、Atom Z3735F以上。比較的低スペックのCPUでも動作するよう設計されている。

本アプリでは、ホームネットワーク上にあるDLな対応レコーダーやSTB、NAS内の録画番組再生、ライブチューナー視聴、プライベートコンテンツの再生が可能。

プレーヤー画面

ライブチューナー視聴を行っている際の画面イメージ

またDLPAで策定された「DLPAリモートアクセ スガイドライン2.0」に対応しており、同ガイドラインに対応したサーバー機器やレコーダーと組み合わせることで、宅外から録画番組を視聴できる。

さらに本アプリでは、レコーダーなどに保存しているデジタル放送録画番組をPCにムーブまたはコピーすることが可能。これによりオフライン時でも録画番組の視聴が可能となる。

STBとの連携も強化。「スカパー!プレミアムサービスLink」による視聴に加え、新たに「とるダビ」ロゴを取得。スカパー!プレミアムサービスDVR「TZ-WR500P」で録画した番組をPCにムーブ/コピーできる。

Windowsのみの機能として早見再生(1.2倍速、1.5倍速、2.0倍速)と遅見再生(0.8倍速)に対応。なおリモート視聴時は、早見/遅見再生は利用できない。

そのほかチャプタースキップ再生、かんたんにスキップする秒数を設定できるスキップ送り、字幕表示、WOL(Wake on LAN)機能、二重音声放送の主副音声の切替などに対応している。

コンテンツ表示は、一画面に多くのコンテンツが表示できるグリッド表示と、コンテンツの詳細まで表示できるリスト表示の2種類を用意。それぞれを切り替えて表示できる。

多くのコンテンツが表示できるグリッド表示と、コンテンツの詳細まで表示できるリスト表示の2種類を用意

またウインドウズ版では、ライブ視聴を行う際の手順を、従来の6ステップから2ステップに短縮。ライブ視聴を行うサーバーを設定し、設定したコンテナを選択するだけで、すぐにテレビ視聴を開始できる。視聴中はスワイプ操作でチャンネル変更が可能。またメニューバーで放送種別やチャンネルをリスト表示し、切り替えることもできる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE